泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ディレクションの技と言うと「クライアントに納得してもらう」「納期を守ってもらう」「スタッフのモチベーションを保つ」など、「こうすればこうなる」的な行動と結果が一対一対応してないものの方が実際には多い。なので、以下の小技も一見すると「技」に見えないだろうけれど。

「デザインについて、クライアントのイメージを引き出す」というのは、案件初期のwebディレクションにおける重要なミッションの一つだ。漠然とした方向性だけでも引き出せれば、話がしやすくなるし、デザイナーさんも無数の選択肢がある程度は絞られてデザインしやすくなる。中でも、具体的にイメージと近いサイトを教えてもらえると、グッとやりやすくなる。もちろんこちらでその辺も考えて提案できるとよいのだけれど、納期や予算的にあまり試行錯誤ができない場合は、教えてもらうに越したことはない。ただ、これが難しい。

・イメージするサイトがない
クライアントはデザイナーでもweb業界の人でもない場合が普通なので、これは仕方がない。
こういうクライアントには「どんなデザインが好きですか?カワイイのとかアッサリしたのとか、親しみやすいとか高級感があるとか」など、具体的なキーワードを織り交ぜつつ、好みを聞き出すところから始めると、少しずつイメージが引き出せる。あと、普段はどんなサイトを見ているか、とか。

・イメージするサイトがあっても言いたがらない
言ってしまうと、デザイナーがそのイメージに引っ張られすぎることを心配しているケース。
これは全くの杞憂、と言えないところが辛い。確かに、そういうデザイナーさんも皆無じゃない。いや、あれはカンベンしてください。ホント。

で、ここまでは基本。小技でもなんでもない。小技というのは「教えてもらったサイトらしさ、がどの辺にあると思っているのかを探る」ということ。

教えてもらっただけで安心して、いざデザインが上がって来ると「イメージしてたのと違う。わざわざ参考になるサイトまで教えたのに」という場合はだいたいがこれ。つまり、クライアントとデザイナーさんの間で「なにがそのサイトらしいデザイン要素か」という解釈に大きな違いがあったわけだ。逆に、あまり似せすぎないようにしたつもりが「教えたサイトのデザインを丸ごと持ってきただけじゃないか」という事態も。

こうしたことを避けるために、サイトを教えてもらったら(自分でそのデザインを見て)どの辺が「そのサイトらしいか」「どの辺がいいと思っているのか」を引き出せるようにトライしてみる。それは配色かもしれないし、見出しの雰囲気かもしれないし、ボタンなどパーツの形かもしれない。場合によっては、レイアウトのことかもしれないのだ。

参考サイトを教えてもらったら、なるべくそのサイトのデザインについてあれこれ引き出しておくこともセットで忘れずに。それはデザインをする上で、きっと役立つ情報になるはず。

さらにおまけ技
教えてもらったサイトは、なるべく早くスクリーンショットを撮影しておくこと。確認しようと思って後日そのサイトにアクセスしていたら、全面リニューアルでまったく違うデザインに…
という笑えない事態を防げる。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/86-f4cb59a7

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。