泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とある先輩の教え。

クライアントから意見や要望をうかがっている際に、話が込み入ってきたり、キナ臭い方に向かっている気がしたり、終わりが見えなかったりしたときは『それはつまり○○ってことですね?』と言え。○○の部分は自分に都合のいい内容でいいから。よっぽど見当違いじゃなければ、相手は同意してくれる。


コツは自信たっぷりに言うこととタイミングだそうだ。たとえ相手の同意が得られなくても、会話のイニシアチブを握るチャンスが生まれるという。実際、一緒に客先へ行ったときに見ていると、この先輩は時々この方法を使って、自分ペースで会話を進めることに成功していた。

簡単にまねできる芸当ではないが、いつか自分も話術における戦略を身に付けることができるだろうか。

にしても、この先輩はあまりに話術が達者だったため、一般に話の長さを恐れられていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/31-158d6f22

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。