泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
このごろ「HTML5があればFlashは不要」みたいなほとばしった意見を見かけることがある。そうなるかどうか、いつごろそうなるか、という点はよく判らない。どうせ棲み分けしていくんだろうけど、そうなったとして、それぞれの局面でどちらで実装するかディレクターが判断することになるんなら、ちょっと面倒だ。

ここで少し余談。Flashが担っていた部分をHTML5に置き換える理由って色々とあるだろうけど、「オープン性」を挙げている人がiPhoneやiPadについて賞賛しているのを見ると、どうにも収まりの悪い気持ちになる。なんで? と言われそうだが。

余談はさておき。「FlashをHTML5で代替する」という可能性について少し違った切り口で考えてみたい。

棲み分けがなされたとして、HTML5でやりましょうとなったとき、では誰にやってもらうのか? というのはちょっと気になる。いやまあ、アサインできる制作スタッフのうち「できる人」なんだろうけど。
Flashでの制作をお願いする場合って、以下を含むと思う。
・動きのデザイン
・パーツ類のデザイン(場合によっては)
・Flashでの実装
で、これの三つ目がHTML5になるわけだ。

「とにかくできる人に頼む」という状況でもなく、制作側の人員がそれなりに分業している場合、これは誰に頼めばいいのだろうか。

・マークアップエンジニア
 →HTMLだからね! という発想。しかしHTML5のFlashと置き換わる部分というのは従来のマークアップと別物っちゃあ別物だろうし、だいたい急に「動きのデザインやって。ボタンとかのデザインも」とか頼むのってどうなんだろうね。まあ、動画の埋め込みくらいなら一も二もなくお願いすりゃいいんだろうけど。そもそも、JavaScriptが絡むんだよね? これって?

・Flasher
 →フラッシャーって未だに正しい呼称なのか分からない。和製英語、じゃないのだろうか。ともあれ。彼らは一つ目と二つ目はこれまでもやってきたことだろうからお願いできるだろう。しかし「HTML5で実装」というのができるのかどうかはその人次第だし、Flasherに頼むならFlashで実装してもらやいいじゃん、という気もする。

・webプログラマ
 →HTML5には諸々JavaScriptとか絡んだりしてwebプログラマに頼むのがいいようにも思うが、ブラウザ上で動作するアプリの開発ならUIのデザインなんかは別途デザイナーをアサインして普通のアプリ開発みたいにやるだろうからまだしも、ちょっとした部分についてわざわざそこだけ頼むのもスッキリしない話。JavaScript部分の素養が期待できる点では良さそうだけれど。動きやパーツのデザインをやってくれたとして、出来栄えはかなり属人的、というかwebプログラマ的には余技の範疇だしなあ。

・第3のビール
 →というのは冗談だが、Flasherと同じ作業内容で、ただし実装方法がHTML5+αという専門職種がいつの日か出てくるのかも。

正直、私自身まだHTML5とかそこまでちゃんと把握してるわけでもないので見当違いな話かもしれないけれど、jQueryなんかの「Ajaxライブラリ」での動きの演出も、というか、どこにどういうふうに導入するかも含めて、分業化していると誰にやってもらうのが最適解か、ちょいと迷うときがある。カスタマイズをたいしてしないなら、マークアップエンジニアにやってもらえばいいんだけど。

というか、ガワの部分でも実装方法が多様化してくると、どれで誰にやってもらうか考えるのでディレクターはちょっと頭痛いのですよ? 私だけかもだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/219-3eb2d7f4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。