泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「よもやま」という語感が好きだ。「もょもと」に似てる。いや、逆か。
さて、電子書籍の話題をよく見かけるのでとりとめのない話でも。ただの雑談です。

個人的に今の電子書籍にはあまり期待していない。ケータイで読める書籍と似たりよったりなラインアップばかりだと買う気にはなれない。最低でも「早川書店」「東京創元社」が電子書籍版の発行を始めるまでは。ということは、紙の書籍が滅びかけるその時まで電子書籍端末を買う可能性はあまりない、ということだ。できればその時には「ちくま文庫」「岩波文庫」「講談社学術文庫」も移行していて欲しい。

Amazoneなんかは個人出版、というか個人のAmazoneでのKindle向け委託販売に力を入れたいらしい。これはなかなか可能性がありそうだけれど、そんなこんなで出版社を通しての出版が相対的に減り(出版社が死ぬとまでは思えないけれど)、電子書籍市場での作者による委託販売が主流になると、ちょっと個人的に懸念される点がある。

というのは、私は翻訳小説をよく買うのだけれど、いまでさえ数が少ないのに、さらに少なくなるんじゃないだろうか。特に非英語での書籍は。ひょっとしたら違うのかもしれないけれど、ああいうのは原語の出版社と翻訳先の出版社とで契約をかわして翻訳し、出版してるんじゃないかという気がする。そうなると、日本の翻訳者が個人で元本の版元と契約して翻訳して…ってのはハードルが上がるんじゃなかろうか。

あとまあ、クトゥルー神話系の翻訳アンソロジーなんかも好きなんだけれど、ああいうのはどうなるんだろう。いや、すでにたくさん訳出されているのだけれど、新しい作品や気の利いた新しいアンソロジーなんかは。大瀧大先生が私家版として出すとか? ないか。

他にも、再ダウンロードの有効期間があったりするとちょいと難だなあ。そういう制限がなくっても、配信元が事業やめちゃったらアウトだろうし。PCにバックアップを取れるんならまだマシか。

最後の点はともかく、他の点を気にしている人間は国内でも僅かだろうなあ。ああでも、アメコミが買いやすくなりそうってのはいいな。

電子書籍がらみだと、フォーマットの話を聞いた。正しさについて裏を取ってないのだけれど、ケータイはそうだがPSP goやらその他新興の電子書籍リーダーも、ファイルのフォーマットがいちいち違うらしい。同じでもDRMのかけ方が違ったりで、複数のデバイスで出そうとするとちまちま対応作業が必要で地味に面倒らしい。読者にとってはどうでもいいのだけれど、当事者のことを思うと早く統一規格ができて欲しいものだ。まあ一社独占じゃ無理だろうから、大多数の主要プレイヤーが合同で綱引きもせずに策定してくれないと実現しないだろう。今後もデバイスが増えてそのたびにフォーマットやらが増えていったら、ちょっと可哀相だな。

さて、話がやや変わって。仮に近々「早川書店」「東京創元社」の電子書籍事業参入など諸々の懸念点が解決して、まとまった金が手に入ったら、というif的状況で物欲リストを上げてみる。

・Xperia
・Inspiron mini 10
・Kindle
・iPadかAndoroid OS搭載の似たようなの

リストの一番上を見て「おや?」と思った人は、よくそんなことを覚えていると思う。というのも前にもなんか以下書いたが私は熱烈なwillcomファンなので。今ごろはHYBRID W-ZERO3で幸せに…。と思いたかったのだけれど、相変わらずの出来栄えらしいので無理。そもそもOSが…。法的整理でXGPはソフトバンクに持っていかれるらしいし。正直、もう愛しきれなくなってきた。

それはさておき。
さて、上記リストのデバイスはそれぞれ持ち歩きが可能である。そのうちKindleはAmazoneが通信費を肩代わりしているのでいいとして、他の4つは外でネットに繋ぐには個別に回線を持たないといけない。いや、Xperiaはケータイだから他の3つか。

ともあれ、都合3回線も契約が必要。家のも合わせると5回線か。通信費はいくらだろう。どこと契約するかにもよるが、考えたくない。ああ、イーモバイルのPocket WiFiという手があるか。「遅い」「エリアが…」って話だけど本当はどうなんだろうか。あ、SIMロックフリーのがあるのか。ほほう。

ではSIMロックフリーのPocket WiFiを導入するとして2回線。Xperiaはwillcomの回線t置換えなわけだし、それならまあ、なんとか。
いや、考えてみればリストの2番目と4番目は役割が大きくかぶっている。2番目は持ち出し用で4番目は家用で…。いや、その使い分けの意味がわからない。2で4の代わりはできるが、4で2の代わりはできない。ということは、iPad的なものは諦めるか。据え置きゲーマーとしてはiPhoneアプリのゲームとかそんなやる気ないし。その他のiPhoneアプリやら、今後出るだろうiPadアプリもなくたって、どうにかなるだろ。

Kindleはどうか。if的世界なので魅力的ではあるが、文庫に比べるとやはりデカい。通勤電車で読める機会が制限されるんじゃなかろうか。防水ってわけでもないだろうしなあ。紙の本が滅びてなければ「Kindleでたいてい買えるから」って本屋に行かなくなるはずはないし、行って欲しい本があったらKindle取り出すのももどかしく、その場で買っちゃうんだろうな。
そもそも自分にとってKindleの魅力ってなんだろうか。「紙の本より安い」「ガジェット欲が刺激される」。安いのは魅力だ。けれど、うーん。どうだろうか。今回は保留ということで。

となると最終的なリストは

・Xperia
・Inspiron mini 10

なんだか最近の話題とはあまり縁もゆかりもないものになってしまった。っていうか、最近のデジタルガジェットはみんなちょっとずつキャラかぶりすぎだろ。悩ましいにもほどがある。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/217-4edd54a9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。