泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
業務上の遣り取りをTwitterでやってみている、という一部先鋭的な人の話をブログで見た気がする。あれは夢だったのか…。じゃなくて。そりゃヘタに流行ったら困るよ、というお話。

PCの前で仕事をしているみなさんにおかれましては、基本的に業務中メーラーは起動しっぱなしだと思う。新着があればなんらかの通知がされるかどうかは設定しだいだけど、業務上の遣り取りはせいぜいメーラーと電話に気を配っていればいい。あとまあ、人によってはIMか。

で、仕事の遣り取りをTwittrerのDMでやる人が増えてくると、サイトじゃおっつかないのでTwitterクライアントを何がしか常時起動する必要がある。そのクライアントがDMを受信するとポップアップなりで通知してくれるならいいが、してくれない場合はいつDMが来るか知れたものではない。ときどき呼び出して確認が必要になる。面倒くさい話だ。

DMが来ると登録したメルアドに通知メールが来るのだけれど(これって設定しだいだっけ?)、これだと「DM通知メール受信→TWitterで内容確認→返事をDMで」ってじゃあメールで最初っから連絡くれよ、となる。

あと複数の案件が同時進行している場合のメッセージの管理機能も(現時点では)メールに比べて貧弱だ。いや、Twitterクライアントの中にはそういうのを上手くこなすのもあるのかもしれないけど。
あと添付の遣り取りなんかも相手のクライアントソフトに関わらずドラッグアンドドロップで上手いことやってくれるクライアントってあるんだっけ?

あと、ダイレクトメッセージは文字数制限がある。その文字数以内に「一連の遣り取りが全て」収まるならいいけど、そうでない場合は途中でまどろっこしくなって遣り取りの途中でメールにシフトすることになる。だいたい、文字数制限の範囲内に収まるように文章を工夫する時間と労力がもったいない。

というわけで、Twitterで仕事の遣り取りをするというのは、一部のユーザが実験的に試みる、という程度で留まっていていただきたいし、個人的にはあんまりそれを喧伝したりはしないで欲しいところ。許容できるケースとしてはまあ、Becky!なんかのメーラーの右側にTwitterクライアントがくっついて、DMはメーラー内で通常のメールと同じく扱われる、とかになれば。

Google Waveについても、役に立とうが立つまいが自分としては本当にもう素晴らしいと思っているのだけれど、あんまり仕事の遣り取りやブレストなどで使う人が増えないといいがなあ、と思う。

複数人でのミーティングを置き換えるというならいいのだろうけど、それ以外の用途でも使う場合、あれのメリットはリアルタイム性なのだろうから、複数の担当者が同時にPCの前で拘束されることになる。途中で抜けたり別のメールに対応したり、ちょいと他の作業をしたり、ということがしにくい。ヘタに複数の相手と別案件に関する遣り取りがGoogle Wave上でバッティングすると、さながら将棋の多面指しみたいになって非常に不利だ。というわけで、最初に取り組んでいる相手以外からGoogle Wave上でなにか話がしたいと言われても断るか後にしてもらうしかない。

というわけで、最悪に面倒なケースは仕事上の遣り取りのツールとして「電話、メール、IM、Twitter、Google Wave」が並存してしまう状態。もう、むちゅくちゅしいことこのうえない。どれで誰となにをしろと。
目的に応じて使い分けるにしても、どういう用途でどれ、という認識が人によってバラつきそうだし、そもそもそんなに目的に応じて使える選択肢が細かく分けられなくとも結構じゃないか。

あとまあ、個人的にはせっかくメールの登場で仕事上の遣り取りが「リアルタイム一択(書簡は除くとして)」というくびきから開放されたのに、なんでまたリアルタイムコミュニケーションの比重を増やさないといかんのか、という気持ちもある。実を言うと仕事の遣り取りだけに限らないのだが。

【追記】MarkupDancingでも同じようなこと(と、自分としては言いたい)が書かれていた。
Google Waveがダメな理由、それでも使うようになる理由
ちなみに、MarkupDancingを書いている人のことはまったく知らないけれども、個人的に「もっともカッコイイ憧れの人-ブログ読んでて思う」部門の1位だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/212-7a2fa0c2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。