泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
家を出て常駐先へ向かうとき、異変に気付いた。妙に道行く人が少ない。とうとう「その時」が来たか…。とか思ったわけではないし、世間的には夏休みのていなのは知ってるけどね。道理で忙しさが一段落するわけだよ!

ということでまあ、そこはかとなく適当な話でも。

このところSNSについて考えていた。というか、SNSのフィルタリングとか規制とか。でまあ、出会い系(性的な意味で)の温床にならないことを最優先に考える場合、一番手っ取り早くてそこそこ効果ありそうな方法は何か。たぶん誰かが言ってるだろうけれど、やっぱり男女別にすることなんじゃなかろうか。男性用は女性の登録お断り、女性用は男性登録お断りってことで。礼記にも「男女七歳にして席同じくせず」ってあるしね。

…と思ったら、女性専用SNSというのはまあまああった。男性専用については…ほとんどない。見たところ2件だけで、うち1件はスパム的なあれで、もう1件はゲイ向けらしい(Google調べ)。まあ、ゲイ向け以外で男性専用SNSの需要ってそんなにないわなあ。

しかし性別ごとに専用をうたってしまうと、ちょっと間口が狭い感じがする。むしろそこは触れずに登録させて、ユーザ情報登録時に性別を必須とし、その内容に基づいて男性領域と女性領域とに振り分け、各領域は一切つながってないようにするというのも手かもしれない。それを義務化するとか。まあ誰得だが。

それでも、それを導入した所で例えば薬物売買なんかはなくならないだろうし、SNSというもの自体が衰退するだけだろうし、そもそも男の下心は無限の可能性があるので、どうにかこうにかするヤツが出てくるんだろうなあ。

と、ここまで書いてみてなんだけれど、どうもこの話はパッとしないなあ。じゃあ、ガールズトークバーの話でもするか!

ガールズトークバーというのは、以下のようなところ。

・別室で女の子達が喋っているのを、店内にモニターで視聴しながらお酒を飲む。
・モニターは小さいのを各席に配置でもいい。
・「別室」は事務所っぽいのや寝室っぽいのなど、複数あるといい。それぞれに合った服装をしてもらう。たとえば寝室ならスッピン。服装はパジャマやらジャージやらトレーナー&トレパンとか。
・部屋側のカメラは複数台あって、アングルを切り替えられる(各席モニター配置の場合)。ただし、ローアングルでのカメラ設置はなし。
・会話内容は普通の雑談だけれど、なるべく「いかにも女性だけでの会話」って感じが出るように。
・女の子は決して店内に来ない。
・客は気に入った女の子に投票ができる(指名の代わり)。
・実質、女の子の業務内容は部屋で雑談しているだけなので、たとえばキャバ嬢ほど給与はない代わりに仕事としては楽。たぶん未成年も可。
・なので昼の部は未成年の女の子も居る。
・女の子のいる部屋は、おやつとソフトドリンクくらいはある。

と、こんな感じ。もちろんこんな店はないのだが、あったらいいなあ、と。アダルトな要素を廃してるのもポイント。ガールズトークなんて実際にはないんだろうが、そこはまあ夢を売るということで。

そうそう。余談ついでに。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」という小説のサイトでTwitterを活用したプロモが展開されている。
公式サイト
逆書評はちょっと新しいけれど、架空のキャラでTwitterをやるという着想自体はそんなに凄くはない。まあブログとかならあったし。
ただ、この企画は凄いと思った。というのもこういうのって「ゆるキャラ」みたいにキャラ付けがハッキリしてないならともかく、小説やコミックのキャラでやるのって難しいから。

やるには少なくとも以下が必須。
・(原)作者が許可
・それっぽく書ける人の確保

前者がどうにかなったとしても、後者が難しい。小説やコミックだとユーザはそのキャラが喋ったりしているのを見てきたわけで、上手くそれっぽくしないと違和感がひどい。原作者も(人によってはたぶん)怒る。

というわけで作者が書くのが一番なんだけれど、まあそうも言ってられなかったり。かといってライターが書くんなら、人選が難しい。2次創作でもないわけで、原作とも整合してないとだし。

というわけで、こういうのは発案があってもなかなか実現に至らない。それをクリアしている点でこの企画は凄いと思う。誰が書いてるんだろう。ひょっとして作者本人なんだろうか…。
今のところTwitterのわりに更新頻度がアレなので、どうなるのか推移を見守りたい気はする。っていうか、まずもとの小説を読んでみるか…。

ガチャピンさんは本人がTwitterやってるので上記のような課題はない。中の人とか言うヤツは表へ出ろ。星がきれいだろ?
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/196-116f0e9c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。