泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回も触れた「livedoorディレクターBlog」のガチンコ座談会で思ったことをつらつらと。

座談会中で「受託脳」「自社脳」の話が出ていて、あとディレクターの面接で「ライブドア入りたい!」って人となんとなく居場所を探してる人は違うとか、

自分でこのサイトをどうしていくのか、どうしたら伸びるかとか、そういうのが足りない人がいる。

自分で何かサイトをやりたくてライブドアに入ったって人が多いと思うんですけど、そういう人はサービスへの思い入れも結構あるので「どうしたらうまくいくんだろう」ってことを常に考えてるからいいんだろうけど受託から来ると、そういうところの能力的に低い人が多い。

ってのが出てた。受託を多くやってたディレクターならクライアントの要望をなるべく察するのも仕事のうちなので、クライアントが自社に変わろうが、自分の手がけるサイトを伸ばすことが求められてるならその要望を察して「そのようにする」べく取り組むのが本来だとは思うのだけれど。まあ、本当に受託案件だと予算見合いでそこまでできなくても現実には致し方ない面もあるけれど、クライアントが自社なら、う~ん「そこまでするほど給料もらってない」とか?いやいや、そこまでハイパーな要望でもないよなあ。ひょっとしたら上記のような上の要望が、察せられるほどにも現場に伝わってないんじゃないか?そんなはずないか。

にしても、自分は「このサイトがやりたい」「こういうサイトがやりたい」みたいな考えって、とんと持たなくなってるなあ。今まで望んで担当したサイトや案件ってなかったし。とはいえ、そんな事態に対して不平不満を持ったり、不幸だと思ったことも(そんなに)ない。というのも、望んで担当したわけでないサイトや案件でも、手がけていればそのうち愛着がわくし、育ててやりたいとも思うようになる。興味のない分野のサイトでも、やっていればなんとなくその分野の面白みみたいなものが感じられるようにもなる。あ、手がけているサイトを「こうしていきたい」みたいなのはもちろんある。

今だって主に携帯サイトの運営をしているけど、最初は携帯サイトとか興味なかったし、DDIポケット時代からのPHSユーザでimodeとかezwebとか見たこと無かったし(もし自分がお調子者のアメリカ人だったら、腕にwillcomのタトゥーとか入れてたかもしれん)。それでもまあ、やってるうちには追々その面白い部分とかが自分なりに出てきたし。
というわけで、今後もどんなサイトだって地雷物件でなければやってるうちに好きになってくるんだろうな、という気はする。昔の恋愛結婚が少数派だった時代の上手くいってる夫婦とかはこういう感じだったんだろうか。

だもんで、たとえば夜中に自分の行く末を考えて不安になり、嫁さんに「おれ、そろそろ就職しようと思うんだ…」とか言ってlivedoorに応募したりして(絶対ないとは言い切れない。傍目には魅力的な会社のように見える)、世界の法則が曲がって面接までこぎつけたとして、「模試採用されたらどのサイトを担当してみたいですか?」とか面接では不自然な気もするが尋ねられたら返事に窮する。「一番人手が足りなくて困ってるサイト」とかしか答えられないだろうから。

まあ、そんなことを考えましたね。ええ。あんま座談会の内容と関係ないかもだけど。

あと、webエンジニアの人の発言で

ディレクターにあまり企画能力は求めてないんですよ。

プログラマとかが持ってる軸足を持たずにフワフワっと企画を出しても、きちんとした軸足を持ってる人の企画には及ばないんですよね。

とかいうのがあった。これ、ディレクターによっては反発する人もいると思うんだけれど、個人的にはそれで上手く回るならディレクターが企画しなくてもいいんじゃないの~?と考えている。

これは自分が結局のところ、webディレクターの至上命題ってサイトの制作や運用業務、もう少し大きい視点だとそういうことをするという「事業」が上手くスムーズに回るよう努めることだと認識してるからだろう。なので、その命題が達成されるなら途中の道程は重視しないっていうか。まあ、倫理とか法律に反するようだとダメだけど。ゆくゆくはそれが命題達成を妨げることにもなるだろうし。

まあ、そんなことも考えましたね。ええ。あんま座談会の内容と関係ないかもだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/181-756f1ea0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。