泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本当は4月からwebディレクターになって日々絶望している人をさらに混乱させるべく何か書こうと思ったのだけれど、そもそもこのブログを読んでくれている人の中に新人webディレクターとかいないんじゃないか?という疑念が拭えなかったので中止。もしそういう人がいたら適宜過去ログを漁るか、livedoorやはてな、ペパボやカヤックあたりのスタッフさんが書いているブログを読んで鼓舞されるなり、現状との格差に絶望してください。

というわけで、「パーソナライズ」について思い付きのまま思い付いたことを書いてみる。なぜ「パーソナライズ」についてかと言えば、思いついたから(我ながら頭の悪い一文なのは解ってる)。

さて、技術的にハードルが高いせいもあって、一時期ほど盛んに喧伝されなくなった「パーソナライズ」「行動ターゲティング」(最初の成熟期に入ったせいかもしれない)。とはいえ「クラウド[*1]」と並んで、中長期的にはwebの大きな変化のカギとなっていくことは確かだと思う。特にコンバージョンに焦点を当てた場合、それがなんであれ効率化していけば「より興味関心を持ってくれる人」に情報を出すのがより効率的というもの。それがユーザ視点では「パーソナライズ」で、情報提供がわからすれば「行動ターゲティング」というわけだ。正しい定義はたぶん違うけれど。

で、こうやってパーソナライズの範囲と精度が上がっていくと、最初のうちはその人の興味関心にマッチしたものが出るのでユーザにしても提供者にしても便利で嬉しいものだろう。
ただ、どこかで「パーソナライズの範囲と精度が上がる」ことと「満足度・コンバージョンレート」が比例しなくなるんじゃないかと思う。自分が今までに興味関心を持ったり、反応したものに関連した情報ばかりになると、「なんとなく似たり寄ったりだなあ」という印象が強くなり、反応が鈍ると思うからだ。

でまあ、「過去の興味関心」から「新しい興味関心」を推測する方向性が出てくるだろう。「これこれに興味関心があるなら、これも興味関心を持ってくれるはず」を推測するわけだ。技術的な点はよく解らないが、同じものに興味関心を持っている人同士で、直接的にはあまり関連がなさそうなものを出すとか。膨大なデータを分析すればそういうことも可能そうで、「これも気に入るかも」的なレコメンド機能になるんじゃなかろうか。

Amazonの「これを買った人は~」というのは関連性がありすぎる気がするので、やや違う。もうちょっと関連性がなさそうな、それでいて遠すぎない、そういうバランスを調整して欲しい。それに「同じものを買った人だから」というのがリコメンドの理由として見えてしまっているのが「新しい興味関心」を喚起するには、やや見せ方として方向性が違う。むしろこれは「同じ好み、ニーズっぽい人が買ったんだから」というのを説得力の担保としているわけで、「新しい興味関心」とはちょっと違う。ユーザから見て意図不明なままリコメンドするのは悪いけれど、もっと、偶然の出会いを演出した方がいいんじゃなかろうか。

「偶然の出会い」というのはイメージ的にしっくりくる。といってもランダムに勧めてくるんじゃなくて、巧みに「偶然性」が演出された出会い。本当はパーソナライズに基づいて出会わされているんだけれど、それがあたかも偶然に見えるような。
「パーソナライズの範囲と精度が上がる」ことと「満足度・コンバージョンレート」が比例しなくなったとき、そうした「仕組まれた偶然の出会い」みたいなものをどれだけ上手く実装し、見せるか、が大きな役割を果たすようになると思う。

その段階になると、偶然の出会い以外にもサイトの制作や運営などに「演出家」という役職が出来ているような気がしないでもない。どういう体裁というかシナリオでどうユーザにサイトを提示するか?をプランニングする、まあプランナーの一種として。今もそういうことは多かれ少なかれ誰かがやってるわけだけど、それを専門にする人。

以上、全体的に根拠はない。

  1. いまだにクラウドがシンクライアントの亜種にしか思えないのは、自分の理解力が低いせいだろうか。騒がれようからするに、もっとなんか新しくて凄いモノのはずなんだが。[↩back]
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/172-b3017bf4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。