泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コンバージョンを意識したページクリエィティブの当たり前10項

という記事を読んだ。タイトルに違わず、基本的なことを解りやすく解説していると思う。
ランディングページの重要性、そしてランディングページにおけるページ構成の重要性についてはいまさら言うまでもないと思うけれど、「どういうページ構成」にするか?で悩んでいるディレクターは多いんじゃなかろうか。というわけで上記記事とは少し見方を変えて、ランディングページのページ構成を設計するとき、どう考えればいいのかを最大公約数的に書いてみたい。主に「はじめてランディングページを作るサイト」の場合を念頭に。

ここからが本題。

条件:TOPページがランディングページではない・見せたい要素が2個以上ある

1:ページの一番上には下層ページ共通の「ロゴと、そのロゴと同じ段にある要素」だけを入れる。
2:その下に最も見せたいものを入れる
3:その下へ次に見せたいものを入れる。以下、見せたい順に要素を入れていく
4:フッタを入れる
5(ボタンを設置する場合):最初に見せたい要素の真下にデカデカと一つ。他の見せたい順に並べた要素の最後の真下にもう一つ
5(フォームを設置する場合):見せたい要素の中でも、最低限「見せなきゃいけない」もののなかで一番下へ来る要素の真下に一つ

以上。難しいことは何もない。実にシンプルで簡単なので驚かれたかもしれない。上記は最適解ではないけれど、まあ「ぼちぼち」くらいではなかろうか。

これだけで充分だけれど、以下、ちょっと解説を。

まず1と4について。ランディングページというのはTOPページとイコールでない場合、基本的に何度も繰り返して見てもらうことを想定する必要はない。ところが、下層ページに共通の要素で1と4以外の構成要素というのは、だいたい「サイトに対する予備知識がない」「初めてアクセスした」「アクセスしたことはあっても、そのときはたいして興味を持たなかった」というような、まさにランディングページで捕まえたい人にとっては必要がない、興味を引かないことがほとんどだ。だから、それは削る。その分、残りの要素が目立つようになる。

次にその2とその3について。要素の数はほどほどに。どういう基準であれ、あなたが「見せたい」と思う順でいい。この順番付けが最大のポイント、というか唯一「頭を使って考える」ところなんだけれど、ケースバイケースなのでどうするのがいいか一概には言えない。
また、「はじめてランディングページを作るサイト」と先に言ったのは、もし過去に期間限定の似たようなランディングページを設置したり、あるいは常設のランディングページを作って思ったような効果が出ていなかった場合は、「見せたい順」はさておき並び順を変えてみることも必要になってくるからだ。まあ、「どうがんばっても引きが弱い」というのが原因なときもあるだろうけど。

4については、まあフッタにはとかくコピーライトが入っていたり「お問合わせ」だの「会社概要」だのが入っていたりするので、丸ごと入れるのが楽でいい。邪魔にもならないし。

5については、特に追加で言うことはない。

どうだったろうか。悩んだときはぜひ試してみてください。運がよければ上手くいくかも。あと、上手くいったら自分でも試してみるので、教えてくれると助かります。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/160-819981a9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。