泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「PCだけでのサイト展開が許されるのは小学生までだよね」
ってのは言い過ぎにしても、PCサイトを作るときにモバイル側をどうするかってのを考えなきゃいけないケースは増えている。
というわけで、PCサイトやwebサービス作成時にモバイル側をどうするか、整理分類してみるメモ。

大きく分けると、モバイル側の扱いは以下が挙げられる
・無視する
・一部を切り出す
・同じ内容を持たせる
・特性に合わせて機能を足し引きする

・無視する
モバイルでは切り出せないコンテンツのサイトであるとか、サービスであるとかするなら、モバイルでは特に展開しないという手もある。モバイルでPCサイトの紹介だけして、それを見た人をPCサイトへ誘導するってのは今のところ難しいので、これはこれで問題ないことも。予算や納期の関係で、というケースも。

・一部を切り出す
いつでもどこでも見られたほうが良さそうな部分や、技術的に可能な部分だけをモバイル用に切り出して提供する。全部を切り出すことが可能であっても、あえてPCのみという部分を残すことで、PC版に優位性を残すという場合も。

・同じ内容を持たせる
UIやデザインなどをモバイル向けにしていはいるが、提供しているサービスやコンテンツは一緒。モバイルがメインというユーザを取りこぼさないための施策。

・特性に合わせて機能やコンテンツを足し引きする
ベースになる提供内容は一緒だが、たとえばモバイルにだけGPSでの現在地と連動した検索機能を付加するとか、PCにだけSBMへのポスト機能や他のAPIとの連動機能を持たせるなど。上記「同じ内容を持たせる」に一手間加えたバージョン。

まあ、こんな感じだろうか。
次に、モバイルサイトやwebサービス作成時にPC側をどうするか、を整理分類するメモを書く
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/138-5d718886

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。