泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
クリーチャー
画像の元ネタはこちら↓
すごいくまがいたもんだ!~くまフォンの秘密~

DDIポケット時代からかれこれ10年近く使っている忠実なwillcomファンであるところの自分から見ても、なんでこんなに「くまフォンネタ」を引っ張るのか、そもそもなぜそんなにも「くまフォン押し」なのかは理解できない。
おそらく深遠なマーケティング戦略があるに違いない。(こういうwillcomらしい不器用さ、嫌いじゃないぜ。むしろ好きだ。本社だって本当は九州とかなるべく東京から遠いところにあって欲しい)

そういえば、今年の2月くらいに店頭で配られてた「進研ゼミのマンガ」みたいな小冊子もナゾめいてたな。メインキャラの女の子が「ゆうちぇる」と「えりちぇる」なんだが、何でそんな名前なのかサッパリ判らなかった。
で、ちょっとだけ調べてみた。

元は同人誌かなんか?
→「WILLCOM話:蜜蜂でエッジeメール

あと、謎を深める感じで
→「WILLCOM NEWS UPLOADER

うん。奥が深い!

閑話休題。

Google Street Viewが話題になってiPhone3Gの話題がBlogなどで少し勢い落ちた気がするけど、Google Street Viewってディレクション的に目先の問題としては「周辺の様子を動画で撮ってサイトで見られるようにしましょう!」「駅からの道のりを以下同」とかいう企画を売りづらくなった一方で、だいたい同じような目的をGoogle Street Viewの貼り付けで導入コスト&工数低減しつつ達成できそうで、まあ一長一短という感じ。くらいしか言うことない。ディレクションに限らなかったり目先に限らなければもっとあれこれ書けるけど、それはいいや。みんな書いてるし。

そういえば、iPhone3Gにしてもなんにしても、最近は「コミュニケーション」が中・長期的なweb展開のトレンドで、サービスやらサイトやらもそういうのが多い。ちょっと前までは「勢いあるなあ」だったけど、最近はやや食傷気味かつそれ以外になかなか目立ったものが出てきてない気がする。「みんな!レッドオーシャンとブルーオーシャンの話を忘れたの!?」みたいな。

それこそGoogle Street Viewくらいか。自分のアンテナ感度でキャッチできるレベルでは。あれは賛否両論だけれど、ネットを普段あまりしない知り合いに見せたら「ああ!ウチが写ってる!」「洗濯物これ干しッぱじゃん」みたいな感じで、どっちかというと「街頭インタビューの後ろに自分が映ってた!」「野球中継でスタンドの客席に知り合いがいた!」みたいな反応だったなあ。
あれはGoogleのコンテンツで、「「世界的に有名らしいGoogleのコンテンツの中に自分の家が!知り合いが!」みたいな感じなのかも。なんだろう。Google Street Viewに今の段階で何かネガティブな反応を示す人は、それなりに日頃からそういう点に意識的な人くらいなのかもなあ、とか。たいていはみんなそこまで考えてないんだよな、やっぱ、とか。まあ、自分も別に嫌じゃないけど。

そういえば「ユーザー作成コンテンツがひっくり返す、商売の常識」という記事を読んだけれど、ユーザーにコンテンツを作成させたり投稿・伝播させるシステムはどんどん簡単になってきたけど、自前で運用側がコンテンツを用意する大変さはビタ一変わってないせいもあるなあ、と。そういう意味で、ユーザー作成コンテンツを媒介にしたコミュニケーションサイトが増えるのは、商売として判らなくもない。受託案件でもコンテンツの手配ってけっこう大変だし、1分野でも調達の得意なコンテンツがある制作会社ってそれをウリにそこそこやってけるし。有料課金の占いとか。ああいうのはそれを得意としている会社がある。メディア工房とか。「○○先生の占いコンテンツはウチだけの独占ですから!」とか。いや、話がそれたが。

そもそも全体を通した話の流れがないから、まあいいか。

次回は「素材集め」について書こうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿 ※管理者の承認制です












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/tb.php/130-8d1c2cad

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。