泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タイトル見ただけでなんとなく想像ついた人は、たぶんその通りの内容です。

「人間中心設計」「ユーザー中心設計」というのがある。大まかに言って、何かをデザインする際にエンドユーザを中心にすえた設計を行うということ。見た目のカッコ良さとか、制作側の事情とか、そういったもの全てに優先する感じ。

でまあ、サイトの運用にも設計というかプランがある。「ユーザー中心」と行きたいところだし大切なことではあるのだが、いかんせん難しい。なかなか思うに任せない。むしろ、往々にしてありがちなのが「ありもの中心設計」である。

コンテンツにしろ素材にしろシステムにしろ、毎回新規で何かを作るというのはなかなか難しい。特に内製率が高くない場合は。となると、自然と「ありもの」で上手くやりくりする手腕が必要になり、運営設計でもそれを中心とした形になってくる。ありものの素材やシステムでやりくりするというのはまあ、よくある話。企画やコンテンツなんかも新しいものを目指すと商人ハードルが高く、だいたいコストも掛かるので、どこかで見たような企画やなんかを持ってくる。パクリというよりは、一般的だったり王道だったりするもの。たとえば私はやったことないが、ユーザからテーマに対してオススメのものを挙げてもらって、最多になったユーザがどうこうとか、いまさらどこのパクリとも言えないだろう。そんな感じ。「夏のホラー特集」みたいな企画だって、どこのパクリとも言えないだろう。

で、サイトに載せる素材やシステム、企画なんかを「ありもの中心」でやりくりする際に必要な手腕というのは発想力でも人間力でも交渉力でもなく、アレンジ能力である。ありものというのは一般に訴求力が弱い。ただでさえそうなので、そのまま使い回すと残念な結果になる。というわけで、既存のものを以下に真新しくパッケージングして見せるか、というアレンジ力が必要になる。同じ素材と少ない調味料で毎日いかに違う料理を作るかというのに似てる。

これが究極まで凄まると「枯れた技術の水平思考」ということになる。「枯れた技術」だって言ってみれば「ありものの技術」なんだから。まあ、それで横井軍平ばりになるのは難しいが。あと、サイトの場合は技術だけではないので、「枯れた素材の水平思考」という方がピッタリ来る。

自分も常駐しているクライアントのサイトに載せるものというのは素材にしろ情報にしろ、基本的にweb用に作られたものではないし、かといってそのまま載せるのは芸がなかったり差し障りがあったり予算の都合もあったりで、「いかにありものをパッケージングするか?」に日々取り組んでいると言える。
そもそも常駐先はweb業界ではないので、どんなものがどこにあって、それはwebに使用可なのか、加工するならどの程度ならokか?誰に言えばいいのか?から毎度スタートするわけだが、それはそれで別の才覚がいる。「放っておいてもweb利用可なものはどんどん共有サーバに集まる」というのが理想だが、そんなものは見果てぬ夢なのだ。

ただこの「枯れた素材の水平思考」があまりに得意だと、それはそれで弊害もあると思う。というのは、いくらありものの素材が豊富だったとしても、いずれは枯渇する。しかしこれが得意だとなんとなく上手く行ってしまうので、本当にどうもこうもないくらい枯渇が見えてくるまで、当人含めてなんとなく気付くのが遅くなるようなのだ。「ありものの素材が枯渇したときにどうするか?」はかなり重大な問題で、「新しく作る」が可能ならそもそもありもの中心である必要はないわけで、「低予算で承認を得やすく効果的」というのも当然そうそう簡単な話ではない。
とか他人事のように書いたが、素材の枯渇というのはかなり深刻で、他で作った素材をパッケージングしてコンテンツとしているサイトでは例外なくいつかは訪れる。ってか本当にどうしよう…。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。