泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※前も似たような話を書いた気がするのだけれど、探しても見つけられなかった。

さて、webディレクターに求められるスキルはの話は様々あって、自分も「webディレクターの最小構成」というのを書いた。で、今日になってそれよりも重要で根本的な条件に気付いた。それは「日本語に堪能なこと」だ。これは絶対に欠かせない能力。「日本語」の部分はアメリカなら英語、インドならヒンディー語(もしくは何らかの公用語)、ブラジルならポルトガル語に置き換えられる。なので「その国の言葉に堪能なこと」と言い換えてもいい。

そもそも自分は、職務がこなせて指名手配犯だったり飛沫感染や空気感染する死亡率の高い病気を患ってたりしなければ、何人だろうが何歳だろうが、とにかくその人の属性はどうでもいい。ただ、webディレクターだけは「日本語に堪能」でなければどんな人であれダメだと思う。まあ堪能といっても人生の大半を日本で過ごせば自然と身に付く程度、英語で言うとネイティブレベルくらいなもんだ。

説明するまでも無いけれど、webディレクターは営業を除けば、最も言葉を使う職種だ。正確な指示や説明をするだけでなく、クライアントの言葉をなるべく先方の意図とズレないように理解したり、言外の機微をつかむ必要がある。
また、先方が言明しなくても「あれ?これってアイミツ取ってね?」とか「うち、このままじゃ切られるんじゃね?」ということが解るかどうかも大切だし、それはコールドリーディング的な能力に属すると思うんだけれど、その読解力には最低限、相手の属する国(日本なら日本)の文化的な違いから来る言い回しなりボディランゲージなり何なりを理解していないと、なかなか難しい。

まあ、コールドリーディング的な部分は「できれば」レベルだし、自分だってそこまで巧みではない。けれど、もっと基礎的な業務であれwebディレクターは「その国の言葉」がネイティブレベルでないと苦戦するし、周囲にも不要な迷惑をかける。というか混乱をもたらしてしまう。
だいたい、何かと兼任でないディレクターがいる場合、クライアントと制作スタッフ、あるいは制作スタッフ同士の中継役もディレクターが勤める。なので、そのディレクターが他のみんなが使っている言語を流暢に扱えなければコミュニケーションコストは増大し、情報は正しく伝わらず、などなどロクなことにならない。

というわけで、私だって日常生活をギリギリどうにか送るくらいの拙い英語は喋れないでもないし、たとえばアメリカに行ってしばらくすれば働き口を探せるくらいの英語力は身に付くかもしれない。だが、それでもちゃんと機能するwebディレクターにはなれないだろう。まあ、アメリカだと日本で言う「wwebディレクター」に相当する役職はないそうなのだけれど、あったとしてもちょっとやそっとの英語力ではどうにも双方にとって無理がある。海外でも、たとえば私なら、日系企業で日本語を使う人たちと仕事の上では日本語で遣り取りするってんなら別だけれど。

web制作における他の役職だって、それぞれの国の語学力が不要だとは思わないけれど、それよりwebディレクターは「最低限必要な語学レベル」が圧倒的に違うんじゃなかろうか。
まあ、そういうわけもあって日本でwebディレクターをする外国人だとか、外国でwebディレクターをする日本人ってのは他の役職、たとえばデザイナーなりプログラマなりネットワーク技術者なりより少ないんじゃないだろうか。あと、「クライアントと直接会わなきゃいけない」という点が解決されても、この言葉の壁があるからこそ、webディレクターは「海外へどんどんアウトソーシングが進む」という事態にはならないと思う。
そういう意味では、どの国であれwebディレクターやそれに相当する役職ってのは「とてもドメスティックな」職種だと思う。

まあ、だから何って話でもないんだけれど。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。