泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
年度末なので、一つの記事にするほどじゃないんだけど…っていうネタや雑感を集めてみました。はてさて、どうなりますことやら…。

「いい○○は死んだ○○だけだ」というフレーズをいまだに目にするけれど、いいwebディレクターは死なないwebディレクターだけだと思う。

Twitterがどうしても使えない。多くのウィンドウの後ろに隠れているうち忘れてしまう。Postとか滅多にしないけど、「朝に起動して一度も見ることなく終了」って日はちょいちょいある。

会議や打ち合わせにおける「クローザー」の存在は意外と大事。

プライベートでブログやサイトをやるときは、数十年のスパンで運営する気構えでいると続無理なくけやすい。自分も趣味で古典の翻訳サイトと小説のサイトをやっているけど、そう考えるようになってから半年以上も更新してないとか何でもなくなった。

進行管理では「3W1H」の把握が大事だけれど、イメージとしては「何がどうなったら、誰が何をする」という理解の仕方が自分としてはしっくりくる。ちなみに3WはWHEN、WHO、WHAT。WHYとWHEREはさておいてもいい。WHYは「仕事だから」WHEREは「PCの前で」なので。

神は細部に宿るかもしれないが、宿ったところでどうともならないことだって多い。→神降ろしをしている時間で、キミにはもっとやってもらいたいことがあるんだ。

アクセス数や会員数があまりにも少ないと、一つの施策がどの程度の効果を発揮したのかは計測できない。たとえば1日10UUが20UUになれば100%増だが、10UUなんて誤差の範囲だ。10UUが5UUになったら50%減だが、5UUなんて誤差の範囲だ。

1日のサービス/サイト利用回数を何らかの形で制限しているモバイルサイトは多い。これは「飽きさせない」「リピートを稼ぐ」という点で有効な手法なのだけれど、PCネットではあまり見かけない。有効に機能しないのかも。動画系の有料アダルトサイトがDL数を制限しているくらいか。あれは転送量の問題だけでなく、1ヶ月とかでなかなか配信中の動画を全部ダウンロードできないようにするためでもある。

ネット広告は効果が取れる、という話を目にしたが、計測できない類の効果の方がたくさんある気がする。たとえばユニクロックの広告効果なんて「あった」ことは分かっても、気の利いたマス広告と同じくらいには「計測して数値化」なんてできないじゃん?たぶん。ブランディングを目的としたネット広告は大体そうだよな。たぶん。

「pixivとかのCGM系サイトで優れた人材を発掘して何かに起用」というスキームは意外と難しい。ああいうところの人は普段は何がしか本業があったりするので、時間的な融通が利かなかったり、ちょっとした作業しか頼めなかったりすることが意外と多い。まあ、当然っちゃ当然だが。あと、「楽しむため」にやってる人に「仕事上の無理なご相談」をするのは気がとがめる。これ実体験な。

敢えて「隠れ家的な」「知る人ぞ知る」webサイト・サービスを演出することの見込みをこのところずっと検討している。答えはまだ出ない。

仕事上の付き合いを除くと、web界隈の知り合いが少ない。これまでの職場でも「業務対象がweb・ITなだけで、むしろ新橋の伝統的なサラリーマンとかに近い」ような人(って書いて解ってもらえるだろうか?)が多い。そのせいかどうか知らないが、たまにweb界隈・IT界隈の人の理念とか感性についていけないと感じることがある。
でも、それが極まって糸の切れた凧みたいなビジョナリストを地上につなぎとめるのが好きなので、そういう人と組むと普段より生き生きと働ける。

一時期、実家の祖父母や両親が喜ぶようなサイトやサービスを考えていたのだが、結局「月に一回は電話する」ことにした。

一度だけ勉強会や「~ナイト」的なイベントに行かない理由を尋ねられたことがある。理由は二つ。「23時、早くても22時以降に始まるものがない」「早く上がって参加している時間があったら、家で家族と過ごしたい」。後者については「家族思いなんですね」という旨のことを言われたが逆。普段仕事を優先しがちなので、早く上がれる日や休日ぐらいは、ということ。

Pokenとかchumbyとか見てると、「これ流行ってんだぜ」商法はネットの特定の対象をターゲットにしたものがパイは小さいにせよ今は一番仕掛けやすい気がする。というのもそういう人は乗せられやすいネット上での情報伝播が一番起きやすい方面だし、この間も

あれ?こんな時間に誰か来たみたいだ。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。