泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
apolon.jpというサイトがあって、広い意味でのクラシファイド広告を提供している。その中でも仕事の求人。「人材募集」も「仕事募集」も両方できるところがたぶんポイント。
クラシファイド広告については各人で調べるか、こちらを参照してください(と書いてトトワでの検索結果にリンクしようとしたが、サイトが出てこない。ダウンしてるのか、閉鎖したのか。いずれにせよ残念だ)。まあ、各人で調べてください。

で、このサイトをわりとマメに、というか1日に1回は見ている。というのも「当方40代女性。家庭教師を募集しています。生徒は私なのですが、いけませんか?[*1]」というような募集があったらすかさず応募するためである。そのときばかりは学歴やら塾講師のバイト経験をひけらかしたりもする。夢が拡がるなぁあ~。

まあ、それはさておきapolon.jpを日々チェックするうち、以下のような特徴に気付いた。
・なかなか募集が増えない
・一度掲載された募集がなかなか消えない
・web、IT関連の仕事や、それに関するスキルの要るものが多い

3つ目については、つまり募集内容の分野に偏りが大きいということで、予備知識ナシに訪問した人をけっこう逃してるんじゃないかとも思う。もっとも、これは運営方針としてそういう方向に特化していきたいということかもしれない。まあ、それが方向性としてどうなのか、というのは意見の分かれるところな気がするけど。あと、多いと言っても全体数が少ないので「比率として」なんだが。

最初の二つはまあ、正直なところ賑わってないという、あくまでも個人的主観に基づいた印象を受ける。たまに「それゼロ円で募集しても人来ないだろ」ってのもあるけど、そういう無茶な募集はこのところ減ってきた気がする。それにしてもあまり「動いてない」ように見える。こちらで気付いてないだけかもしれないが。

逆に「才能を探す」で出てくる「こんな仕事を請け負います」の方は「イラスト描き」「声の仕事」が目立って多い。募集の方で多い「web、IT関連の仕事」を請け負うという人は多くない。まあ、だから募集の方で多めに出てくるのかもしれない。ちなみに、サイトのメンバー登録人数は08/12/17時点で約1500人。「請け負います」の掲載数が500弱で、募集中は45件。

うーん。こちらの印象が間違っているとか事実を誤認しているとかじゃなければ、やっぱり活発な感じがしない。アルカーナという会社の、ああ、社内的には「クラウドソーシングサービス」という位置づけらしいのだが、まあ、ウエイトとしてどういう位置づけなのか知らないが、たぶん様子見段階のサービスなんだろうなあ。

たとえば電池という賞品は広く一般にアピールできるのって「価格」「長持ち」あと最近では「環境負荷」くらいじゃない?わりとハッキリしてる。こうした仕事紹介的なサービスの場合もアピールできるところはハッキリしていて、「数」「質」だ。この手のサイトだと「デザイン」「UI」「情報の見せ方、つなげ方」なんかはユーザの意識に上らない部分で作用するんじゃないかと思う。そういう役割が果たす要素も大事っちゃ大事なんだけど、それってあくまでも主力のアピールポイントが充実してこそなわけで。

もう少し補足すると「数」はPVと登録者数と、「募集してる仕事」や「仕事請け負います」の数だ。kろえをかなり集めないとどうにもならん。ましてや先行して見せ方や切り口こそ違えど似たようなサービス(同じサービス、ではないだろうけど)、を展開しているところは数あるわけで、それに比べると現状は見劣りがする。

「質」は「いい仕事、いい人材が見付かる」という質もあるだろうし、その幅というか、多様性というのも質だろう。この点では最初に書いたようにちょっと偏りがあるように見えるけど、これはとにかく運営方針との兼ね合いもあるので、現状をどう評価するといいのか外野にはよく分からない。が、まあ「これで競合と戦っていける」という所までは行ってない気がする。

とはいえきっと、現時点では様子見なんだろう。来年や来年度くらいから春の足音と共に花開いてくるよう、今はあれこれ準備や仕込みをしたり営業をしたりしているんだろうと思う。なので、現時点でこのサイトや提供しているサービスの「成功失敗」みたいな価値判断は控える。

が、最後に感じ悪くイチャモンをつけて、なんと次回へ続く。

・私のPCのGoogle Chromeで見るとメニュー周りの表示がグダグダなのはどうしてだろう。
・青ベースのデザインが「さわやか」ではなく「寒く」感じられるのは私の感覚がズレているんだろうか。
・クラウドソーシングサービスって言いたい気持ちは判る気もしないでもないけど、そう言って得することより損することの方が多い気がするので、従来の似たような言葉に置き換えた方がよくはないか。
・コンセプトに「特定の分野に関する深い知識や特殊な技能など、就職活動や履歴書ではアピールしづらいあらゆる専門性」とあるけど、そういう特殊スキルの方が就職活動や履歴書ではアピールしやすいように思うのは私だけですかそうですか。あとまあ、その他サイトを構成する全要素からコンセプトだけが浮いて見えるのも私だけですかそうですか。


  1. いや、このCMが好きなんです。[↩back]
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。