泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
相変わらず自分も含めて大多数には当面たいして関係ないと思われる、正直なところ日々の業務レベルではどうでもいい話ではあるのだけれど。Yahoo!ニュースにさえITmediaニュースの「無料のWebサービス もう限界?」という記事が載ったことだし、他にネタも思い浮かばないので前回に引き続き。だいたい当ブログではネタに困るとすぐ大枠の話、「webにおける天下国家を語る」みたいな頭の悪い国士壮士気取りの話を始めるのです。

で、だ。PCサイトの有料化をしますと言えそうなところって、現状ではそれなりに大手だとか有名だとか、とにかく人の集まる強力なサイトなりサービスなりだろう。中小はやっぱり人が離れるのを恐れてなかなか踏み切れない方向性ではある。まあ、自分のように富裕層ではない人間からすれば、みんなが一斉にそちらへ方向転換されても困るのだけれど。

これがたとえばそんなにネットをしない人であれば、普段使っているサービスやサイトのいくつかが有料化したところで、全部払ってもたいした額にならないかもしれない。ところが自分みたいな者にとっては、一つ一つがコーヒー一杯くらいだろうが、合計するとそれなりな額になる。一般化できないけど、極私的には困るわけです。そして「じゃあ減らそう」みたいに思ったとき「まあ、有料だったらいいや」的なサイトというのは結構多い。いや、あくまで極私的に、だけれど。この記事を読んでくれている人はどうだろうか。自分がよく利用するサイトやサービスを挙げてみて、そのうち有料化しても使い続けるのはどれだろうか。興味深いことではある。極私的に(繰り返し書いててだんだん楽しくなってきた)。

別に有料化の流れが出てきたというほどの動きでもないし、まだまだ散発的な事例ではあるんだろうけれど、もしそれが大きな流れになってきたら…というのをちょっと思い浮かべてみる。

・セールに値引き
まあ、月額有料にしろ都度課金にしろ、セールをやるところは出てくるだろう。ボーナスとか年末商戦は実店舗の方々と競合するから、微妙にずらした時期かな。で、もちろん値引き合戦というか価格競争もあるだろう。「このお値段でこの内容!」みたいな。特にweb技術は真新しいものが普及・模倣されていくコストや難度が家電だのなんだの他の製造業より低いので、価格競争が起こりやすいんじゃないだろうか。ものによるけど10円20円の価格帯で膠着したりとかしてね。資本力のあるところがダンピングみたいなことしていく中で「ついに登場!なんとゼロ円!←何で無料なの?←広告費で運営してるからです」って1周して戻ってきたりして。

・決済、会員管理システムの需要増
内制率100%が圧倒的多数というわけでもないので、受託案件をしている制作会社にはこうしたものの需要が増える。もしくは、従来のサイト制作にこの工程と予算が乗るようになる。客単価アップが見込めるけれど、こうしたシステムはASPがすでに激戦気味なので、まあ調達費くらいになるのかも。

・淘汰
「待ちに待った淘汰のお時間です!」じゃなくて、笑い事じゃない。今でも競争はあるけれど、それまで「無料だったから」でなんとなく生きてこられたサイトやサービスが容赦なく潰れていくことに。ただ、そうなるくらいならそもそも有料化には向かわないだろうし…。だいたいサイトやサービスの数が減れば受託制作も含めた周辺産業も規模が縮小する気はするので、あまりいい話ではない。ユーザ辺りの利用するサイトやサービスの数もますます減るだろうし、運用側も「囲い込み」に重点を置くのが主流になるとちょっとなあ。コーポレートサイトみたいに広く情報を告知するサイトや販促目的のサイトは有料化しないだろうから、そういうところとの取引が主な場合は影響が少ないかもしれない。

・英語を学ぶ人が増える
日本語のサイトやサービスが有料化に流れても、同程度で無料の海外サイトは相変わらず多いだろうから、そこでどうにか無料で、と思って英語を学ぶ人が増えるかもしれない。ある時期を境に「やたら日本人ユーザが増えてんだけど」みたいなことが海外で話題になるとちょっと面白いかもしれない。

とまあ、これくらいで。考えるのが面倒になったとも言う。実際問題として、当面はそうそう「有料が主流」なんてことにはならないだろうけど、昔の人が「100年後の21世紀はこうなる!」みたいな予測記事を書いてたような軽い気持ちで。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。