泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ええと、自分の今いる環境だと考えてもあんまりどうもこうもない話なんだけど。

「広告収入で無償サービス」の時代はそろそろ終わりかな?

「広告収入で無償サービス」というのはサービスによってはだんだんキツくなってきてるとは思う。広範に「そろそろ終わり」かどうかは知らないが。個人的にはそもそも「広告収入で無償サービス」が基本という状況が好きじゃなくって、商売としては。ユーザとしては同じようなサービスなら有償より無償の方がいいのだけれど、上の記事にもあるように

既存のメディアも含めた、全経済活動に対する広告費の枠が未来永劫にわたって大きく増加しつづけていく、というわけでもない以上、どこかで頭打ちになると思うんだけど、当初の限られていたサービスだけじゃなく、猫も杓子もウェブになって来ている現状では、その限られたパイの一切れがそろそろ小さくなってきそうです。

ってのがずっと頭の中にある。自分なりに言い換えると「広告費は無限じゃない。充分に巨額だとしても、webビジネスはプレイヤーが多すぎ&増えるの早すぎ」ってことになる。あと、「広告費」ってのが景気悪化で真っ先に縮小されそうな予算の使い道である点もヤな感じだ。実際、このご時世だからってのもあってweb広告市場は縮小してるみたいだし。まあ、他にも理由はあるだろうが。

しかしじゃあ、PCサイトで有償サービスが上手くいくかというと…やっぱ難しいよ。ニコニコ動画の動きとかで弾みがつきそうな気もするけど、あれはやっぱ「動画配信ってインフラコストすげー」ってのがわりと広範に認知されてるってのもあるんじゃないかな。

モバイルだとカフェスタなんかもに多様な状況と方向へ動こうとしているみたいだけど、あれはニコニコ動画ほど「インフラ費とかが圧迫しててさあ」みたいな論調はないだろうし、単に「儲からなくってこのままじゃやってけないんすわ」っていう話だろう。うんまあ、CGMっていうかコミュニティなんかの場を提供してるサービスってPC・モバイル共に有償では展開しにくいだろうからなあ。
だいたいモバイルで月額有料が成り立つのって、やっぱり前提としてデコメでも音楽でもなんでもいいんだが、「コンテンツそのものを提供しているサービスであること」ってのは現状で外せないだろう。

とはいえそれじゃあ立ち行かないというサービスやサイトが増えてきたときに、けっきょくPCサイトでも何かコンテンツそのものを自前で提供しているかどうか、で有償化できるできないが違ってくるんだろうな。
それ以外だと有償化して成功したら、同じような提供内容で「無料です!←何で無料なの?←広告費で運営してるからです」ってサイトはどうしても出てきて、よっぽど「○○先生の作品が読めるのはジャンプだけ!」みたいに人気のあるor優れたユーザをそれなりの数 抱えたコミュニティサイトでもないと、「まあ、無償でいいや」ってユーザが無視できないくらい出てきて、元の木阿弥になりかねない。機能面で多少の差があるにしても、やっぱそれがよっぽどのことじゃないと「有償か無償か」という局面では「無償」を選ぶ人の方が多いと思う。景気も悪いしねー。

webサービスの提供側がそろって有償化へ舵を切るってことが仮にあったとしても、いつだって「オレは逆の目に張るぜ」ってな人は絶えない訳だし、それが上手く行くと後続はすぐ増えるからなあ。っていうか、現状で「広告収入で無償サービス」ってのが大半なのはそのせいもあるだろうし。有償化でそうそう上手くいくなら放っておいてもみんなそっち行くよ。現状で上手く行くには相当の競争力がないと厳しくて、厳しいだけあってだいたいはそんな競争力とかない。
「競争力がないものは淘汰されてしまえ」ってのは簡単なんだけど、個々のサイト運営者としては「ですよね~」とか言うわけにもいかんだろう。

難しい難しい言ってないで、現状を変えるためには仕方ないんだよ。「興廃この一戦にあり」だよ。という意見はもっともな話だが、やはり現状から「有償が基本」に持っていくのは非常に困難だ。そんなことが可能なら、とうにやってるだろうし、これまで多くのサイトやサービスがそちらへ進もうとして頓挫してきた。

一方で人類の歴史上、「よそから収益上げて、エンドユーザには無償で」という形態って、広告以外だと慈善も含めた「寄付や提供側の自腹」以外にめぼしい形態がないんだよなあ。という点を考慮すれば、広告以外で「よそから収益上げて、エンドユーザには無償で」ってのがいかに高難度な課題かは自ずと明らかだろう。

というわけで「いずれにせよ楽じゃない」のは確かで、ここまで書いたようなことはweb黎明期から繰り返し繰り返し語られてきた話なんだけど、最近の経済環境やらなんやらでまた話題になりやすいテーマなので、ベタだけれど書いておく。

【余談】
上記とやや関連している記事として

1クリックで支払えるweb通貨が欲しい

というのがある。その中のネタ的な部分で

例えばアダルト動画。フリーでいくらでも転がってるけど、高品質かつ自分の(ちょっと変な)趣向にピンポイントでマッチした動画なら数百円出して見たい男はたくさんいると思う。会員制とかそんな重厚なのは嫌だけど1本だけなら・・みたいな。

ってのがあった。確かカリビアンなんかは「会員登録せずに見たい動画だけ単品購入」ってのをやってたはずだ。
それこそどうでもいいけどマメ知識な。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。