泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログパーツ大杉です!
という記事を読んだ。ブログパーツがあんまりにも多いと色々と弊害(元記事では列挙している)があると思うんだけど、みんなはどうよ?という記事。

で、この記事自体にどうこう言うつもりは毛頭ないし、確かにブログパーツを並べて貼るにも限度ってものがあると思うんだけど、そうしちゃう人の気持ちは判らないでもないなあ、と。

今、だいたいの人がwebで何か発言したいときって、ブログを開設するとかmixi他SNSを始めてみるとか、まあそういう感じだろう。ただ最近のこういうサービスって、あまりデザインを好きに出来ない。せいぜい運営元が提供しているテンプレートの中から選ぶくらいだろう。「いやいやこうれば~」ってものがあるにしても、それって技術的にあまりネットに詳しくない人が思いつくand実行可能な選択肢だろうか?

ええ、と。ブログという言葉が出来る前に個人サイトを造ったことのある人なら分かるかもしれないけれど、初めてHTMLファイルを作ってアップできるようになった頃、チマチマと自分のサイトを装飾しては悦に入っていた経験ってないだろうか?私はある。思えば当時はそうした個人サイトを装飾するための情報やテンプレを配布しているサイトって今よりずっと目に付きやすかった気もする。それだけ多くの人がそういう情報を求めていたんじゃなかろうか。

そもそも、少なからずの人には自分のものを装飾したい、カスタマイズしたいという欲求があるはず。今はないという人だって、思春期の頃はどうだったろうか。デコデコしいとまではいかないまでも、ちょっとした装飾を加えてみたことがあるんじゃないか。

ところが今ブログやSNSを始める人にとって、それは実現しずらい楽しみだ。豊富なテンプレートが用意されていたとしても、なんか、そういうことじゃない。いやまあ、それすらないよりはあった方がいいんだけど、もっと装飾したい。文字が光ったりアイコンもいっぱい増やしたい。なんか絵が動く感じにしたい。ページごとにデザイン変えたい。そういうことなんじゃないだろうか。

実際、たまに小中学生の運営しているサイトのランキングサイト[*1]を見ると、上位のサイトはかなりデコデコしい。特に女子。下位のサイトもかなりデコデコしい。「技術レベル的に装飾が難しいんだろうな」という子供のサイトでも、アイコンが全部大き目のアニメGIFだったりする。デザインが1ページごとに違ったり。まあ、子供のサイトに限ったことでもないんだろうけど、顕著な気はする。思い出してみれば自分が子供の頃も女子の持ち物はカスタマイズであれ元々であれ、やたらデコデコしかったよなあ。

これだって自作と言うよりはどっかから入手したものなんだろうけれど、サービス運営元が提供しているテンプレよりは遥かに多い選択肢から選んだものという点が違うし、カスタマイズできる範囲もずいぶん違う。

とまあ、これはPCサイトでの話でモバイルサイトだとまた違った感じなんだろうなあ、とは思う。が、ケータイ持ってない子とか、持っててもパケホに入ってない子なんかは特に中学生以下では多いだろうし、そういう子供の間では今でもPCサイトなんだろうな。そっちの方が装飾として色々やりやすいし。どれだけデコデコしくしても容量制限とか気にしなくていいしね。簡単にできることも多いし。

で、話を戻すと、とにかくこういう装飾する楽しみみたいなものを満たすサービスとしてアバターなり箱庭なりがあるんだろうけど、あれだってそれを表示しているページ自体はそんなに装飾できないし、その場合は装飾自体がサービスの目的になっているが、たぶん「それが目的じゃないけど装飾したい」というニーズとはマッチしないんじゃなかろうか。

さらに、そうした欲求を持ってる人がブログを始めたとき、自分の装飾欲を満たせるくらい好きに飾り立てられ要素って、ブログパーツくらいなんじゃないだろうか。
自分でサイト作って飾り立てるほどじゃないにしても、あれだってそれなりに膨大な数から自分でセレクトする楽しみ、収集する楽しみがあるわけだから、まあ、不完全ながらも装飾する楽しみが味わえる。というか、ほほそこ以外はテンプレから選んだデザインくらいしか普通は装飾のしようがない。

と、いうわけで、自分もブログパーツを貼りまくるのは好きじゃないけど、理解できないというほどじゃない、という話。オチはない。
無理矢理にひねりだすなら、「ダサくなろうが使いにくくなろうが、好きなだけデコデコしくできる」という要素をサービスに盛り込むというのはアイデアの一つとして考えてみてもいいかもしれない。とかかなあ。

  1. たとえば女子ならFCRとか。
    たまにこうしたサイトを見るのは後ろ暗い理由があるわけではなく、(いいとは思わないにしても)デザイン面でけっこう刺激がある(こういう言い方は好きじゃないが、「子供らしい柔軟な発想」と言えなくもない)というのと、普通に今日びの小中学生はどんなことを考えてるのか見るのが単純に興味深いから。あとついでに言うと、そういうサイトのソースコードを見ると、「こんな書き方しててもそれなりに表示されるんだなあ」と、感慨深いことも。決して後ろ暗い理由があるわけではない。大事なことなので2回いいました。[↩back]
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。