泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
地方でネットの利用が進んでいない話


という記事が現時点で1~3まであるのだけれど、

たぶん、地方じゃそういう「Webサイト作りますよ」的な仕事をしてる人もほとんどいなかったり、もし居たとしても今まで無かったネットでの宣伝・告知・サイト構築みたいなことに対する相場が分からず、仕事を頼みにくいって状況なのかな。

という文章があった。日頃辛いことがあると「地方でweb制作の仕事をして心穏やかに暮らせないものか」などと一言一句現実離れしたことを考えているので、実際にちょっとこの線を検討してみよう。

本来ならここで、ペルソナとして具体的な場所を想定するのだろうけれど、面倒なのでパス。と思ったが、たまには面倒臭がらずにやってみよう。場所は…会津ITサマーフォーラムが来月なので、会津若松市にしよう。OpenOffice.orgを市役所に導入したらしいし、他のところへ行くよりはやや芽がありそうだ。
以下、Wikipediaの記述と市のサイトから仮に考えてみる。

会津若松市-Wikipedia
会津若松市


これらによると、会津若松市は以下のような市だ。
・人口は約13万人(平成19年度)
・同地方の中心都市で、圏域をあわせると200年時点で19万人くらいの人口。
・商業は他の地方と同様に苦しい
・会津大学がある
・富士通やSpansion Japanの半導体製造拠点がある
・オリンパスの系列企業会津オリンパスが所在する
・商工業は上記以外だと主に中小
・農業をやっている
・1000億円の財政赤字らしい
・会津若松市IT特区があるらしい(平成19年度で終了)
・鶴ケ城ほか、史跡を中心とした観光業にも注力している様子
・IT産業で振興したいらしい

適当に決めたものの、意外とITに関してはやる気らしい。まあ、web制作が念頭にあるかどうか知らないが。

さてそこで、自分がここでweb制作の受託案件をすると考える。
まず、会津若松市に友人知人は一切いない。私のことを知っている人が誰もいない土地でのスタートだ。引越しだとか何だとかは諸々すっ飛ばして、開業したとする。

飛び込み営業は必要だろう。仕事を紹介してくれる人がいない。あと、「企業誘致事業を推進」しているらしいので、相談してみてもいい。市を代表するらしき企業はどこもサイトを既に持っているようなので、そこに対しては別の制作会社から仕事を奪う戦いに勝つ必要がある。これは、ちょっと難しいかもしれない。特に富士通とかは本社側で制作会社を手配している可能性がある。
となると、地域の中小企業や商店だろうか。

とはいえ、それだけだといかんせん数が少ない。新規で会津若松市圏域の企業や店舗で作れるだけサイトを作っても、大層な数にはならないだろう。というか、数年で頭打ちか。運用費って取れるんだろうか。そんな費目は予算にないだろうなあ。払ってくれるにしても、首都圏の同様なクライアントほどサイトの費用対効果がないだろうから、さほど予算はつかないだろうなあ。EC系で全国発送をしようって業者くらいか。

と、ここで競合他社を調べてみる。目に付いたところだと
有限会社オレンジ・パレット
クリックラボ
デザインオフィス スタック
辺りが「自社サイトは」比較的しっかりして見える。あと、ほぼ間違いなくスタックは個人。法人だったとしても従業員1名だろう。

株式会社トコム
は実績が公開されていないが、東京支社があるらしい。そっちの方が売り上げ高いかもしれない。

Office You
ここはブログがあるが一度も記事が書かれた形跡がないし、ちょっと心配なサイト。「我々」とか言ってるけど、一人だけかも。そもそも企業なのか?まだ営業しているのか?

とまあ、こういう顔触れと競合していくわけだ。意外とあるなあ。まあ、これらの会社のクライアントを奪うのは難しい気がする。料金とか質の面ではなく、「これまでの付き合い」なんかがネックになって。

また、実績を見るとクライアントは福島県福井県全域に渡っている場合が多い。そりゃまあ、人口20万人もなさそうな圏域だけでは成り立たないわな。
しかし、首都圏に比べても福島県福井県は広そうだ。公共交通機関ってわけにもいかんだろうから、打ち合わせは自動車で。って、免許取らなきゃいけないのか。遠方まで車で行って、終わったらまた車で帰る。朝一の打ち合わせをして昼過ぎには帰社って可能なんだろうか。

定常作業以外は電話とメールだけでってわけにもかないんだろうか。そういう仕事の進め方って、どれくらい根付いてるんだろう。いやむしろ、地方の方がそういうスタイルって普及してるんだろうか。

では、ちょっとまとめてみよう。
・まずは役所へ相談
・クライアントの対象は県全体
・まだサイトを持ってないクライアント以外は厳しいかも
・移動は主に自動車
・客単価はたぶん首都圏より低い
・県外からも仕事が取れるようにする

「県外からも仕事が取れるようにする」は、首都圏など大都市圏でも同様だがそれより切実。市場規模がすごく小さそうだから。かといって、そういった大都市圏からから仕事を取ってくるのは営業コストがなあ。そもそも土地土地の競合が多すぎるか他でも県外だと打ち合わせとかのコストが高くなるのか。コミュニケーションの手間とかも。

うーん。ポジティブに考えると、会津若松市ならどうにかなるかも?と一瞬だけ思う。しかし、同様の仕事を首都圏などで新規開業するのとどっちが「まだ難しくない」かというと、ちょっと判断つかない。自分の場合は誰一人として知っている人がいない分、会津若松市の方が大変だろうなあ。他の地方都市だとどうなんだろう。

※地方を使ってwebサービスを展開する仕事については「地方のローカル情報サイトが少ない理由(取り急ぎ版)」が直接ではないものの参考になりそう。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。