泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
webサイトの完成までには数々の難所がある。なかでも厄介なものの一つがデザインだ。デザインというのは特に専門的な知識がないクライアントでも意見を言いやすい(ような気になる)し、そもそも好き嫌いがある。普通の人はソースコードに好き嫌いなんかない。

というわけでデザイン提出は難しい局面だ。流れとしては「デザイナー→webディレクター→クライアント」という順でカンプが渡っていく。
カンプが上がってきたとき、webディレクターがデザイナーにそれを差し戻す理由は、大きく分けて二つ。
・ワイアフレームにあった要素が抜けてる、誤字脱字がある
・とてもじゃないが出せるシロモノじゃない
最初の理由はミスによるものなので、戻すことに問題はないと思う。ただ、二つ目はちょっと悩ましい。

これは新米のデザイナーや、初めて使う外注で発生することがある。手を抜いていることが明確なら、毅然として戻せばいい。ただ、本人が一生懸命にやってそれなら、戻してもどうにもならない。可能なら人を代えるのが一番だろうけれど、「自社内の新米」の場合はそれも気まずい。外注でも気まずい。おまけに、本当に代えてくれるか不確か。「事前にその制作会社のサンプルを見ればいいじゃないの?」という意見はもっともだけれど、サンプルに出ているデザインをしたデザイナーと同じクオリティの人が担当してくれるかどうかは神のみぞ知る、だ。指名する手もあるけれど、頼み方を間違えると「ウチのクオリティを信用できないとでも?」といったことになりかねない。

というわけで、クオリティが低くてどうにもならない場合は行き止まりに突き当たる可能性が高いのだけれど、わりといかんともしがたい。せいぜい
「全然ダメだ」というコメントと共に差し戻してみるくらい。

すでにあるサイトのほかのページとテイストがあまりに違う、という場合もある。これも差し戻す必要があるけれど、これはディレクターがちゃんとその点について注意喚起をしなかったのも問題ではある。

他に、クオリティとして一目でダメだと解る程度ではないけれど、ディレクターが気に入らない、という場合もある。ディレクターによってはこれをクライアントへ出す前に出し戻ししてしまう。
これはいかがなものかと思う。最終的にはクライアントが気に入ればいいので、客観的な問題がない限り、そのページに対してディレクターの好みを反映するのは筋が違う。もちろん、それが自社運営サイトなら別だけれど、それでもディレクターが自分の好みで云々するのはいただけない。個人サイトじゃないんだし、自分の意のままにする必要はない。そのデザインを自分で気に入らなくても、ユーザが気に入ればいいじゃないか。「気に入る、気に入らない」を判断に含めてもいいのはデザイナーとアートディレクター(いれば、だけど)、あと(受託案件なら)クライアントだけだろう。本当はクライアントも担当者の好き嫌いでは判断して欲しくないけれど。

でまあディレクターをしていると、時として「自分の好き嫌い」を判断に含めてしまうことがある。最近、自分では大分減ったけれど、ポイントは以下の二つだけ。

・客観的に正しくないといえるか。
・こうした方が良い、という説得力のある修正指示が出せるか。

客観的に何が問題か言えないのなら、それは個人の好みだ。既存のデザインに対して「こうした方が良い」という指摘に説得力がないなら、それも個人の好みである可能性が高い(デザイナーが意固地になっている可能性もないとはいえない。そういう場合はさらに別の人の意見を聞いてみるのもいい)。

たとえば前者なら「文字が背景に埋もれて読みづらい」、後者なら「ボタンのデザインはある程度の統一性があったほうが、画面内でどれがボタンか理解してもらいやすい」など。

付け加えるなら
・クライアントや上位承認者の修正指示を減らせる見込みがあるか。
というのもある。

ともあれ、最初の2点を心がけるだけで減る修正もあるはずだ。確かに、ディレクターの好き嫌いで修正を入れることがデザインのクオリティを上げたり、そのディレクターの手がけたサイトの評価向上につながる場合もあるだろう。ただ、そういうことはデザイナーのことを第一に配慮した上でやるべきことだ。

それでなくてもデザインに掛けられる時間は短く、クライアントや上位承認者からの差し戻しで、イヤというほど修正なんて発生するんだし。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。