泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
404 Blog Not Found
「Web制作 - 高いか安いか、ではない」


という記事を読んで、なんだかなあ、と思ったので。

話の発端はこれ
Web担当者Forum
「○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表」


様々な価格帯でどれくらいのことが出来るか?という相場を示すという大胆な記事。この記事自体については方々で言及されていて、自分としては「実際の案件は変数が多いからアテにならんなあ」くらいに思っていたんだけど、まあこういう記事が出てくることに驚いたのは驚いた。

で、「Web制作 - 高いか安いか、ではない」という記事。
この記事ではWeb担当者Forumの記事について、高い安いもあるし、筆者自身は「安い」という見方に理解を示しつつ、こう書いている。

しかし「安い」だけだと片手落ちだとも思う。

なぜなら、Web制作を外注するということは、金を払ってWebサイトを買うこと、ではないからだ。そういう考えだと、どちらもうまく行かない。これはWeb制作に限らず、「収益を上げる機構」を作る場合全てに言える。

発注側は、リスクとリターンを追う。

制作側は、リスクとリターンを渡す。

これが、本当の姿。

「Web屋の相場」議論からは、このリスクという観点が抜け落ちている。

なので、

制作側は「納品物したサイトがいくらの収益をもたらすか?というリスクはない」。一方でクライアント側は「買い取ったサイトがいくら収益をもたらすか?というリスクを負う」という関係だという。

まあ、これは当然の話で、たとえばディズニーランドを施工した会社は、ディズニーランドの来場者が何人だろうと、どれくらいの収益を上げようと、施工代さえもらえれば問題ない。一方で、オリエンタルランドは来場者が少なかったり収益が少なかった場合、深刻なダメージを受ける。

Web担当者Foruの上記記事では、こういった視点がないよね、という。
そうなんだけど、だからなに?と思った。自分の理解力がないせいかも。

それはさておき、404 Blog Not Foundは本題だかわからないけれど、「こうした関係を変える方法として、プロフィットシェアがお勧め」という話に変わる。
プロフィットシェアというのは利益配分型の報酬方法で、売り上げをあらかじめ定めた割合で分配する。これなら、制作側も納品物の売り上げに応じて儲けが変動するので、買い切り型でもらえるはずだった額を下回るリスクがあるものの、大きな収益が上がれば買い切り型でもらえた額以上の収益が生まれる。

今後は、数十万円オーダーの仕事ならとにかく、数百万オーダー以上の仕事は、「いくらにするか」という視点だけではなく「リスクとリターンをどう折半するか」という知恵までないと取れなくなっていくはずだ。

だそうで、たいやきくんの支払いを買い切り型にした子門真人が、曲の大ヒットの恩恵にあずかれなかった古事を引いて結んでいる。

さてさて、プロフィットシェアを勧めているあたりが、自分としては「チャンチャラおかしい」部分。

そもそも、プロフィットシェアをするには、クライアントへ納めたサイトに対して、その後も制作会社が貢献をしなければならない。利益配分のパーセンテージにもよるけれど、テキストの差し替えとか、定期更新作業とか、ちょっとした記事を増やしたり画像を作り変えたり程度の貢献度では納得してもらえないだろう。

もっと親密にクライアントのサイトを分析し、提案し、そのうえで実装しなければならない。で、個人でも会社でもいいけど、現状のたいていのweb制作会社にそんなマンパワーとか時間があるとでも?というか、そういうリスクを負ってでも引き受ける価値のある可能性のある案件の引き合いが来るとでも?

それに個人であれ企業であれ、web制作会社はあまり資本体力がない。数百万くらいであれ地道に手堅く稼ぐことを念頭におかないと、すぐ倒れるんじゃなかろうか。そうなると会社の場合は社員が失職してしまう。

ただし、プロフィットシェアそのものに反対する気はない。たとえば200万の見積りに対して、納品時の支払いを150万にする代わりに、プロフィットシェアでオープン後に支払いをしてもらう、とか。その場合、マンパワーや時間があればパーセンテージを高めにして、制作会社側もコストを投入すればいい。そういったものがあまりなければ、パーセンテージを低めにして更新作業的な部分を引き受ける。
支払いを全額プロフィットシェアにするのも、人や時間が投入できるような環境ならすればいい。出来るところは限られるだろうけど。

それと今後、「数百万オーダー以上の仕事を制作会社がリスクを負わないとなかなか取れない」という流れになるかどうかはわからない。そうなるかもしれないけれど、そんなリスクまで負うことを求められて引き受ける、というか引き受けられる個人なり制作会社なりがどの程度あるのか。「弊社社員は貴社の社員じゃありませんので」

あと、

(プロフィットシェアの)やり方の一つとして、そのWebを運営する会社を作って、制作側は初期費用分の一部または全部をその会社に出資するというものがある。

だそうで、そういうことほいほい出来るようなクライアントや制作会社がどれだけ一般的だと思ってんだろう、この人。

いやまあね、感情的になりすぎているし言い掛かりみたいな部分が多いことは自分でも認める。404 Blog Not Foundの人から「なに言ってんだコイツ」とか思われても仕方ない。わかってるけど、机上の空論にしてもこれはちょっとヒドいと思った。

それと、散々書いておいてアレだけれど、「Web制作 - 高いか安いか、ではない」という指摘そのものはそのとおりだと思う。

※404 Blog Not Foundの記事もそうだろうけど、基本的に上記は直接利益を上げるサイトの場合に限った話だよね。

【追記】
あっという間にちょっと落ち着いたので、なんであんなにムッとしたのか考えてみた。ようするに「明日の食うもんもやっとのところなのに、マクロビオティックの素晴らしさや効能、実践方法を説かれた」ような気分になったせいじゃないかと思う。

【追記02】
ひょっとしたらマクロビオティックなんかじゃなくて、私みたいな人間にちゃんとした農作物の生産方法を教えてくれようとしたのかもしれない。だとしたら申し訳ないな。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。