泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんだかちょっと今さらだけれど、web屋の仕事内容についての話題が出ていた。

ホームページを作る人のネタ帳
「WEB業界の人が、今更WEB屋になに作ってるんですか?というのは何事」


元々は
F's Garage
「何故、Webデザイナーが美大卒じゃなくてもやっていけるのか?」

とか
DESIGN IT! w/LOVE
「Web屋さんって何をつくるお仕事なんですか? その職業の方は必要なスキルが多いんですか?」

など。まとめるのも面倒だけれど、「webサイト制作者の仕事で求められる仕事範囲って広いよね」とか「そんなことない。他の業種だってどっこいどっこい。Web屋は自分たちの作っているものについて、もっとちゃんと考える時期では?」「いや、失礼だろそれは」「いやいや、あれはね…」とかあれこれ。飲み会の2次会くらいな話題。結局のところ何が問題とされてるのか、読めば読むほど分からなくなってくる(のはこちらの根気と理解力の問題か)。それはさておき。自分なりに読んで考えたことを漫然と。

web屋ってのが具体的に何なのかいまいちピンときてないんだけれど、webサイト制作を仕事としている人や会社のことだろう。当ブログで言うところのweb制作会社のことか。で、web屋を考える上でまず重要なのは「自社サービスの制作・運営」と「受託案件の制作・運営」を分けること。この両者は同じ会社が手がけていようが業務の方向性としては大きく違うので、分けた上で考えないと話が食い違ってくる。

「自社サービスの制作・運営」なら、DESIGN IT! w/LOVEで書いてあるように「自分たちは何を作っているのか?」「Webとは何の役に立つのか?」を考えることはけっこう大切だろうと思う。

コーポレートサイトとか、プロモーションサイトとかって括りで、自分たちが何をつくっているかを理解してるつもりだったらどうかしてるんですよ。じゃあ、そのコーポレートサイトって何よ? プロモーションサイトって? って聞かれたらなんて答えますか。そもそもWebサイトって何よ?って聞かれたどうします。

それは思考のための道具なの? 人を賢くする道具なの? それとも、もっと他のなにか?

なんてことも問い続ければいい。特に新しいサービスを行おうとしてる企業なら。ECサイトをはじめ、ベタに既存のオフラインな事業を行っている企業なら、他にもっと考えるべきことがあるだろうと思うけど。

受託案件の場合、これらを考えるのは重要じゃない。まあ、考えても無意味じゃないだろうけど、優先度は低い。
というのも、受託案件の場合は「これこれをして欲しい」というゴールをクライアントが設定するので、請け負う側はそれをどう実現するか考える方が主になるからだ。クライアントと一緒にゴールを考えることもあるだろうけれど、その場合でも「webとは~」なんていう「人生とは~」みたいな手前のことを考えるよりは、クライアントの抱える問題点なり要望なりを把握して、WEBを使ってそれをどうすればいいか考えた方が実際的だ。それがコーポレートサイトなのか、プロモーションサイトなのかってのはどうでもいい。案件によっては営業マンの代替でもいいし、そうじゃなくてもいい。ウィンドディスプレイの代替が必要なときもあるだろうし、インストラクターの代替が必要な時だってあるだろう。要するに同じwebの名の下に、非常に多くの異なる役割を持ったものが作られているのが現状なわけで。本当は出版社の編集部制度みたいに、サイトごとのゴールに合わせて特化した担当部署(物販は第1制作部、コーポレートサイトは第2制作部、プロモーションサイトでも製品プロモーションは第3で、イベントなら第4、みたいな)が存在するといいのだけれど、それは現状では難しい。

受託案件で「webとは~」ということを考えて、それを具体的な形にして提案して、クライアントが賛同してくれて、一緒に取り組んでいく。それは素晴らしいだろうけれど、うーん。事例としては参考にならないくらいのレアケースだよな、という印象はある。それってweb業界以外の事業を行うクライアントにとっては必要じゃないだろうし。役に立たないとまでは言わないものの。たとえばクライアントの情報をユーザに発信するなら、「web~とは」なんて視点は全然なくてもかまわない。他に考えるべきことがある。

あとえっとなんだっけ?ここまで読み返したら論旨がカオスすぎてわけが分からなくなってきた。

そうそう。web屋の求められるスキルが広範かどうかだけれど、これはwebの技術進歩が早いのと、web屋の大多数が零細企業で人手が少ないせいで、他の製造業のイメージよりは広範になってると思う。ぶっちゃけweb制作会社が自動車メーカーくらいの規模だったら、下請けでマークアップしかしないところとか、デザインしかしない部署とか、見積りしかしない部署とか、UI設計だけをやってる社員5人くらいの企業とか、いくらでも分業していける。ただ、そうなってない。全社員が数十人なら、自然と一人辺りがカバーするエリアは本来の必要以上に広くなるってもんだろう。それだけの単純な話だ。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。