泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たとえばGoogleで「激安 web制作」と検索すると1,880,000の検索結果がある。「激安 web制作」でも1,530,000のヒットがある。その全てが安さを売りにしたweb制作会社のサイトというわけではないのだけれど、安さを売りにしたweb制作会社がけっこうある、ということは言える。

これまで、こうした「安さ」が売りのweb制作会社について意識して考えたことはなかったので、まあちょっと考えてみたい。

web制作会社は「安かろう悪かろう」というイメージがある。これまでの経験では、あまり的外れな感慨じゃないと思う。それに、web制作会社のサイトへ「激安」「格安」の文字があると、実際のサイトデザインにかかわらず、どうもディスカウントストアやスーパーマーケットめいた安っぽいイメージが浮かんでしまう。こうした会社のサイト自体も、なんとなく安っぽい場合が多いのだけれど、そもそもweb制作会社の自社サイトはたいがいそんなものだ。

とはいえ上記は先入観であって、この記事を書くために安さを売りにしたweb制作会社のサイトをいくつか見て回ると、特に制作実績を紹介しているところなんかは「まあまあ」レベルのサイト制作をしているところもある。あと、安さが売りといっても値段の幅はあり、「絶対的に安い」ところもあれば「相対的に安い」ところもある。

システムなしデザイン案TOPと下層1つずつ10Pで17万円~となっていたところもあって、こうしたところは「17万円」という金額は小額ではないけれど、それでもweb制作として相対的に高くはない。「安いなあ」と感じるほどでもないけど。

で、こうしたサイト制作会社が安い理由はいくつかある。

・テンプレート化
→社内にテンプレートがあり、おおむねそれをカスタマイズして納入している。オリジナルは普通の値段設定。

・制作量が少ない
→上の「17万円」の会社のように、デザイン案1案でページは何ページまで、という具合に制作上限が決まっていて、その量も少ない。超過分はオプション料金になる。デザインやレイアウトの修正も「○回まで」と決まっていて、以後は追加料金。

・提供内容が少ない
→上と近いけれど、安いのは最低限の部分のみだから。何かやろうとするとオプションオプションで最終的にはたいして安くなかったりする。

・個人事業
→個人でやっているので、さほど収益がなくてもよいと考えている場合は安い。

安さを売りにしているサイトはたいてい「なぜ安いか?」を書いていて、その理由が上のどれかだ。逆に、「なぜ安いか?」が書いていないと無駄に怪しげな感じがする。

こうした制作会社のターゲットはどこにあるかというと、零細企業とか個人小売店とか、そういう所なんじゃないか。制作実績に挙がっているところもそうだ。こうしたクライアントはおそらく「実績」で上がっているサイトのデザイン以外には「値段」くらいしかweb制作会社の判断基準を持ちようがないんじゃないかと思う。なので、デザインが酷くなければ、あとは「安いです」が充分なアピールになる。安さを売りにしたweb制作会社のサイトが共通して「サイトを持つ意義」だとか「SEOとは?」とかやたら啓蒙的なのも、おそらくwebについての知識がほとんどない事業主をターゲットにしているからだろう。

たしかに安さをウリにしていないweb制作会社、特に技術力なんかが売りの会社は、こうした小規模な事業主が依頼するにはオーバースペックなのかもしれない。そうした意味で棲み分けというか、クライアント側の要望やweb知識ごとにマッチしたスペックの会社があるというのは、需給として正常だ。

ただなあ。値段に幅があるとはいえ、こうした会社が「安い安い」言うほど、web制作において中間価格帯な会社まで「高い」というイメージが払拭されないんだよなあ。というか、こうした会社のサイトを見ると「web制作は高い」って出てくるし。「家は高い」「自動車は高い」という「高さ」なら判るけど、適正価格以上に高い、つまり「割高感」がかもされてる気がする。

web業界外の人が割高感を覚える理由として、そんなのは小さな割合しか占めてないけど。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。