泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今の常駐先はWEB業界ではない企業なので、WEBサイトの管理部署とはいえ内製ができない。とういうわけで、いまちょっとしたサイトを作成しているのだけれど

企画&ページ設計:自分
デザイン&画像素材制作:自分
Flash制作:自分
コーディング:自分
ディレクション:自分

という構成になっている。スタッフロール全部自分。いちおうそのサイトの主幹部署の人が意志決定はするのだけれど、こちらのアウトプットに対してコメントをする形。

個人サイトであれば当然のことだけれど、仕事で独りチームなのは久し振りのこと。自分の中で指示が行ったり来たりするだけなのでコミュニケーションロスがなく、非常に効率がよく気持ちいい。追加料金とか費用とか気にしなくていいのも気楽だ。「自分」という枠を越えることはできないけれど、コラボレーションとは違う良さがあって、これはこれで魅力的だと思った。

しかし、こんなことばっかりやっているとディレクション能力が落ちそうで少し不安だ。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。