泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「職業はWEBディレクターです」と言うと、WEB業界の人以外には「じゃあ、プログラムとかできるんですね」とよく言われる。「えぇ、いやまあ簡単なことなら」と答えるのは見栄ではなくって、否定するのは面倒だからだ。まあ、そう熱くなるなよ。クールに行こうぜ!実際、モノにもよるけれど初歩的なことならできなくはないし。
あと、「ディレクターってことは偉いんですね」とも言われる。「そんなことないっスよ」と答えるが、これはマジだ。

しかし、どちらにせよ自分はそこで微妙な空気を感じてしまう。相手はそんなこと感じてもないだろうに、無駄に劣勢に立たされる。

追い詰められる自分「いやっ、あのまあ進行管理が主な仕事です(←いつもの倍速で)」

とまあ、これで相手も微妙な空気へ巻き込むことに成功するわけだが、およそ意味がない。できればディレクターという呼称を変えて欲しい。暗部とか。

「職業はWEB暗部です!」

あれ?意外と悪くない。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。