泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Google Phoneがテスト中で、発売された暁には「すべてが変わる」らしい。
Google Phoneですべてが変わる
「世界が変わる」「革命的」「歴史に刻まれる」「大変革」…今年入ってからでもこれでこの手のフレーズを見るのは何度目だろう。威勢のいいこと書きたいのは解るが、日本に限っても景気が一段と悪化して情勢的にもジリ貧なのがハッキリしてきた以外になにか変わったのかね? iPhoneのおかげでヒマ潰しに困らなくなったことくらいか? セカイカメラでラブホを眺めるドキドキ感が得られたことか? 上記みたいな威勢のいいフレーズで形容されるものは一個もなくていいから「不景気が終わる」みたいなのが1個でも出てきた方がいいよ。

上記記事にしてもGoogle Phone発表か? という以外は「とにかくマジスゲーんだって。なにがどうなるかもどうすごいのかも判んねーけど、とにかくハンパなくすごいことになるんだってば」と言ってるだけである。この記事を書いたライターが痛々しいだけなんだろうけど、Google Phoneの発売によるインパクトがどうなのかはさておき、この記事はひどい。

ところで一方、どこかで2009年「究極のウェブ」とかいうのが決まったらしい。毎年選出してたそうで、それは知らなかった。「究極」というからにはさぞスゴイものがあるんだろうと思って見てみたのだが、期待を裏切らない素晴らしいものだった。

10位 Twitter
 →究極かどうかはともかく、今年の勢いからすればこうしたランキングに入るのももっともな気はする。しかしこれで10位って。まあ技術とかやってること自体は超革新的というわけでもないし。インパクトの大きさによるところがスゴイからか。あと、今年スタートでもないし。
 
9位 nanapi
 →Yahoo!知恵袋とか、あのへんのノウハウ系の後発サイト。多くの人にはブックオフで「伊藤家の食卓」の本でも買った方が普段の生活で役立つ気がする。

8位 テレビジン
 →テレビ番組の盛り上がりを様々なデータから可視化してくれる。技術的には価値あるのかもしれないが、今どのテレビ番組がどう盛り上がっているかを知ってどうなるというものでもない。あと、テレビを観ない人にはたいして役に立たない。
 
7位 AppBank
 →iPhoneアプリをたくさんレビューしているサイト。iPhoneアプリであることが大事で、同程度の情報量と質であっても書籍や映画、コミック、ゲームなどのレビューサイトよりもこの点で素晴らしい。

6位 美人時計
 →1分ごとに違う女性が表示される時計サイト。ウィジェットとかアプリもある。安易な2番煎じ企画の新定番を作ってくれた功績は大きい。

5位 ほめられサロン
 →名前・性別・職業を入れると自分のことをホメまくってくれるサイト。それだけ。だが、6位以下よりも素晴らしい。

4位 Revilist
 →ISBNでAmazonのAPIを使ってレビューだけを表示してくれる。専門学校生が課題で作ったような素晴らしいアイデアと技術であり、「Amazonのレビューだけ見たい。他のページ構成要素は1片たりとも見たくない。そのためならAmazonで該当書籍のISBNを調べてRevilistに入力することもいとわない」というよくある需要に見事に応えている。なので5位以下より上位にランクインするのも当然と言える。

3位 Joker Blog
 →ネットでラジコンが操作できるJoker Racerの製作者がやってるブログ。あの素晴らしすぎるJoker RacerのPR情報が読めるという感無類のブログであり、TOP3の名にふさわしい「究極」具合である。あなたや制作チームが多大な苦労を払って制作したサイトやサービスよりもむろん、はるかに「究極」と呼ばれ賞賛されてしかるべきなのは納得いただけるだろう。

2位 Lang-8
 →世界中のユーザが自分の母語以外で日記を書き、その言語を母語としている人が添削しあうという言語学習サイト。昨年も「究極のwebランキング」で5位に入ったのだが、今でも月10万円ほどの売上しかないので2位に。言語学習においてかつてなく効果的でクールで、助け合いの精神を実感させてくれるという素晴らしいサイトである。
 
1位 モバツイッター
 →普通の携帯電でもツイッターができるようにしてくれたサービス。この1文以上は説明の必要もなく、そもそも説明しきれてないところがないのだが、これが今年最も「究極」を冠するにふさわしく素晴らしいサービスであることは誰にも明瞭だろう。
 
さて、こうして見ると今年も日本のweb業界は全然残念ではなかった。むしろ超イケてる。セクシーすぎて夜も眠れない。梅田望夫さんもこのランキングを見て「早まったことを言った」と後悔されているのではないだろうか。

日本にもシリコンバレーは出来かかっていた」という話があるが、このランキングを見てももっともなことだと、素直にそう思える。

ちなみに、上記ランキングの受賞理由についていささか無理のある説明をしている記事が以下である。「どんなものでも褒められないことはない」という言葉のいい実例だろう。

2009年の究極のウェブは「モバツイッター」。忘年会議2009で究極のウェブトップ10が発表に。
スポンサーサイト
前にも書いたことがあるが、営業と同じくwebディレクターは他の職種に比べ海外へのアウトソースが難しい。これはwebディレクターにとってなかなか心休まる話だ。
しかし一方で、不安な話もある。「アメリカにはwebディレクターという職種が存在しない」という話だ。webディレクターなら誰しもこの言葉に不安を感じ、眠れない夜を数えたことがあると思う(しかし職場では不思議と寝られる)。

そもそもアメリカのweb業界ではイノベーションが多く生まれている。GoogleやAmazonは言うまでもなくポルノサイトでさえ、そこに掲載されている女性のユニーク数は世界の人口を超えているという。これはアメリカでいかに多くの宇宙人が人間のフリをして秘密裏に生活しているかを裏付けるものであるが、それはさておく。

ともあれ、こうした日本(や他の諸国)とアメリカの違いについて主に組織や技術の側面から多くの考察がなされてきた。しかし、問題の核心を解明するには至っていない。それも当然のことで、この差は「webディレクターがいるかいないか」によって生じているからである。以前私はこう書いた

あまり知られていないが、WEBディレクター同士の互助を目的とした国際的な秘密結社が存在する。その名を「Fertile Fields of Packet(パケットの沃野)」といい、略称は“2FoP”。構成員は「空っぽの洞窟を埋める者たち」と呼ばれる。

それ以上のことは以前の記事を参照していただきたいが、この日本支部が「十字出社血盟団」であるとされる。少なくとも日本においてはこの結社がアメリカ並みのイノベーションを阻害し、自らの仕事があまり減らないように既得権益を守っているというのだ。

もちろんこれは、私の立場からすればwebディレクターに対する誹謗中傷としか言いようがない。なぜそうとしか言えないのかはお察しいただきたいのだが…。

しかし、十字出社血盟団の陰謀が事実でないにしても、アメリカがそうであるからwebディレクターが不要であるという主張には賛同しかねる。というのも、Google WaveについてGoogle自身が述べている内容に、webディレクター不在の問題点が言及されているのだ。
全文は引用元である「What is Google Wave (大雑把な訳)」を参照いただきたいのだが、

例えば こんな経験はないかな。

ウェブ担当にメールして、「新しい機能AとBとCを使えるようにしてくれないか?」

ウェブ担当からの返事「AとBとCがちゃんと動くようにしたらそうする。

ボスにもCCして状況が分かるようにしておいてよね」

君の返信「わかった これまでに見つけたバグのリストを送るよ」

返信「問題ないね 追加機能確認のパスワードを送るからチェックしておいて。

テーマも時間のあるときに確かめといてね 添付したよ」

それからこれを全部ビデオ担当にもフォワードしないといけないことに気付くんだ。

彼も状況をわかる必要があるから。

ビデオ担当はぐちゃぐちゃのメールをもらう。

これを解読するにはプログラマーがいるような状態。

おまけに返事を全員宛で返してくれないから、別のバージョンが出来てしまう。

ポストを追いかけて、問いと答えをマーカーで色分けして...と終わりがない。

全部がこんがらがるうちにモンスターが誕生。

Google Waveはこうした事態を解決するために作られたというのだ!一方日本ではwebディレクターを雇った。

お解りだろうが、上記引用文のような問題はまともなwebディレクターが一人いれば解決するのだ。おまけにwebディレクターは各職種の人がそれぞれの役目に集中するのを阻害する様々な雑事(プライベートを充実させる、忘年会の予約をする etc.)まで引き受けてくれる。特殊な性癖の人であれば、webディレクターはオフィースラヴの相手にだってなるかもしれない(Google Waveをそうした相手にするには、可愛らしい2次元の女の子か男の子の絵が必要なのは言うまでもない)。

webディレクターが居ないためにGoogle Waveという非常に斬新なプロダクトが生まれたという面もあるのだが、それはwebディレクターが悪いわけではないし、もちろん十字出社血盟団も関係ない。
4月とはいえ、東京は寒の戻りで肌寒い日が続く毎日。サクラもつぼみが膨らんだまま、なかなか咲かない状態が続いています。でも、こうやってじれったく思うからこそ、咲いたときの感動も大きくなるんじゃないかな、なんて思っています。

さて今日は4月1日、エイプリルフールですね。いろいろなサイトで工夫を凝らしたネタが披露されています。ただ、やりすぎは禁物。さっきも運営しているサイトのシステム担当者から「深夜0時過ぎくらいから決済DBを積んだサーバが落ちてる」なんてメールが来てましたが、冗談にしては心臓に悪いですよね。とりあえず今、「エイプリルフールのジョークでした!」というメールが届くのを待ちつつ、いろんなサイトのエイプリルフール企画を楽しんでいます。
念のためメールの来てたサイトを確認してもいいかな、と思ってはいるんですが、なかなか気が乗らなくって……。ちょっとした作業って、どうしてこう面倒に感じるんでしょうね?わたしのデスクの電話もさっきから鳴りっぱなしなんですが、出るのが億劫でついつい放置しています。

というわけで心機一転!今年度も引き続きwebディレクションという観点からいろいろな話をしてみたい、少し前に通いだした珠算教室の話もしてみたい!などなどあれこれ企画していますので、引き続きよろしくお願いします♪




というわけでエイプリルフールネタを考えてみたのですが、こうですか!? わかりません!
IT業界で楽しく仕事をするための10カ条
という記事を読んだ。「ナニコレ2サイジニムカッテサトシテンノ?」と思ったことはさておき、webディレクションで楽しく仕事をするための10カ条を考えてみた。

・其の一、本や雑誌を買って読むべし
 →誰かの作業が終わるのを待ってえらい時間が空いたり終電逃したときのヒマ潰しに便利。携帯ゲーム機でも可。なので技術書とか自己啓発本とかビジネス書を選ぶのはNG。他業種のクライアントと話す機会がプログラマーやデザイナーよりは多いので、話のタネになるようなものだとなおよし。

・其の二、分からないことは、なるべく自分で調査するべし
 →知ったかぶりは自分の首を絞めるが、他人に聞くとつけ込まれたりナメられるので。webディレクターはナメられると色々とよくない。

・其の三、お気に入りのWebサイトを見つけて読むべし
 →誰かの作業が終わるのを待ってえらい時間が空いたり終電逃したときのヒマ潰しに便利。携帯ゲーム機でも可。なので技術情報とか自己啓発やライフハックのサイトを選ぶのはNG。他業種のクライアントと話す機会がプログラマーやデザイナーよりは多いので、話のタネになるようなものだとなおよし。

・其の四、社内外に向けて情報発信するべし
 →折からの不況なので、情報発信は社外営業目的だけでなく社内営業目的でも怠りなく。あれこれ情報発信していると不思議なことに内容や質に関わらず社内的な存在感が増します。上司のウケも良くなります。

・其の五、勉強会やセミナーに出席するべし
 →終わってからの交流会や懇親会に向け、勉強会やセミナーの最中は寝て英気を養いましょう。どうせ真面目に聞いてもディレクターにはモチベーションアップ以外たいして役に立ちません。「疑似科学に基づいた、賢くなった気がする!グッズ」程度のもの。
 また、そもそもディレクターはこういう場に行く人の数が他の業種より少ないので、「勉強会やセミナーによく行くんですよ」と言えば同僚ディレクターをなんとなく気後れさせ、優位に立てます。なので、なるべく小難しそうなテーマのものだとなお可。

・其の六、専門家であるべし、さらに多くの“基本”を網羅的に知っておくべし
 →webディレクターは職務上のアイデンティティーが曖昧になりがちなので、「ディレクションの専門家なんだ!」と意味のないことを根拠なく強く思い込むこと。でないとどことなく自信がなさそうな態度になって他人につけ込まれます。ちなみに「ディレクションの専門家」というのは語義矛盾です。また、多くの分野について基本的な知識がないと、これもやっぱりつけ込まれたりナメられたりします。

・其の七、誰が何を知っているのか、人的ネットワークを広げるべし
 →でないと地雷を踏んだり、根回しが上手くいかないので。

・其の八、自分のコンピュータと気に入った新しい携帯電話を持つべし
 →打ち合わせのとき机の上に並べておくとクライアントに一目置かせるのに有効です。真新しいものは気分を高揚させたり楽しかったりするし。あまり知られていないのですが、新しいPCは意外と便利だったりもするんですよ。

・其の九、1つのプログラミング言語だけではなく複数の言語を使いこなすべし
 →webディレクターにおける「プログラミング言語」とは、「人に何かをしてもらうための働きかけ」を意味している常識的な隠語です。当然、「あの手この手」でなんとか無茶なスケジュールで納期を守ってもらったりするためには、多彩なプログラミング言語を知っていた方が有利です。

・其の十、適切なメモを取るクセを付けるべし
 →メモがいい加減だとありえないスケジュール(この場合はあなたのスケジュール)を組んでしまったり、クライアントの要望を企画書に入れ忘れたり、厄介なことを自分が「承認した」ことになったりします。メモったら必要になるまで内容は忘れてしまって構いません。これが「記憶の外部化」ということの全てです。
 
どうだろうか。奇しくも「IT業界で楽しく仕事をするための10カ条」と同じ項目になってしまったが、これはまったくの偶然だ。この10カ条を守れば、なぜかwebディレクションが楽しくなるのでお試しあれ。まあウソだけど。そもそもwebディレクション自体は楽しいもんじゃないよ ;-P 。
A:ケータイサイト

というわけで、ケータイサイトのプロモーションとして「細くて長いもの」にランディングページなりTOPページなりのスクリーンショットとQRコードを刷りまくるというアイデアを思いついた。どっかの中小企業の年配の社長あたりが「ハムカツくんはアイデアマンやな!」と言ってくれるかもしれない。ああ、我ながらアイデアマンって言葉、久々に目にしたな。

というわけで、どこに刷れるだろうか。なんか、ノベルティっぽくない方向で。

・たすき
駅伝のたすきの前面に企業名orサイト名。裏側にスクリーンショット。チームががんばれば横浜国際女子駅伝でテレビに映るかも。

・ワリバシの袋
会社員が昼飯をよく食いに来るような飲食店のがいいなあ。

・電柱広告
都会では電柱自体が減ってるらしいけど、地域とサイト内容を上手くマッチさせれば面白いかも。

・階段の「けこみ板」
あの、階段で地面と垂直な部分。横向きに。

・ブックオフの本棚
枠の縦の部分に小さく。どのあたりかで値段が変わるとか。

・建設現場の囲い
表面に1枚ずつ違うサイトとか貼ってあると、その前でヒマ潰しができる。

・路面
まあ、発注できればどうにか可能なんじゃないか?

・腕
なんか、額に広告貼るのとかあった気がする。刺青じゃないはず。イベントとかで水着のコンパニオンの太ももなんかにシールやボディペイントでってのも良いかもなあ。

そんな感じで。他にはどんな場所が良さそうか、皆さんもおうちの人とよく話し合ってみましょう。

あ、そういえば囲碁中継のとき、テレビ局側で合成して碁盤に大きくQRコードを入れてもらえないだろうか。テレビで真上から盤面を映しているカットなら動かないし、ケータイで読み取れるんじゃないだろうか。対極開始前は盤面全体で、対局中も空きスペースに。少々狭くなっても、大型の液晶画面なら読み取れるんじゃないか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。