泥臭いWEBの底から~WEBディレクター覚書~

WEBディレクターというのは何を考えておるのか。その一例。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
書くことがパッと出てこないなら書かなくていいやと思っていたら、すっかり間があいてしまった。
さてさて。willcomが半死半生になってしまった昨今。Xperiaにでも乗り換えてしまおうかと思っている。で、スマートフォンの話。

その1:Andoroidマーケット
docomoとauが独自のAndoroidマーケットを立ち上げるという話だけれど、これはちょっと上手いアイデアかもしれない。iPhoneはSBの電波がヘチョいところが非常にダメだと思うのだけれど、仕事で考えるともうひとつ、やや難なところがある。結局のところ、素人だろうが趣味で作ったものだろうが、誰でも申請はできて、少なからず通ってしまう点だ。

販促ならまだしも会社で予算立てて収益も上げたいと思うとき、ただでさえ簡単なことではない上に個人や個人とドッコイな小さい会社の膨大なアプリと同じ棚に並んでやっていくというのはけっこう二の足を踏む要因になる。会社の偉い人がなにやら吹き込まれて「うちもiPhoneアプリのビジネスに乗り出そう」と言った場合、販促や受託だったり社内の余剰人材を取りあえず使ってみるというのならまだしも、そうでない場合は現場が上手いこと回避しないとあとで言い出した偉いさんに怒られるハメにもなりかねない。チャレンジは大いによいのだけれど、その場合「ダメ元」くらいの気でないと後で誰も幸せになれないし、そもそも現場が「ダメ元」どころか「ダメだろうなあ」と内心思いつつやるチャレンジ案件ほど不幸なこともない。

一方のdocomo・auのAndoroidマーケットは推測だけれど今の公式サイトみたいに「誰でも比較的簡単に参入できるものでもない」となるのではないか。であれば競争相手はApp Storeや本家Andoroid Marketよりもグッと少なくなるし、それらのアプリの多さが嫌になったユーザが居着いてくれるかもしれない。そもそもスマートフォンが一般化した場合、あまり知識も関心もない人を上手く囲い込めれば、本家の存在に気づかれることなくそうした人をお客さんにできるかもしれない。

こうなってくると一部の企業、特にiPhoneでのアプリ販売に踏み出せなかったところは俄然乗り気になってくるのではないか。これならまだやれるんじゃないかと思って。実際にどうかはともかく。
docomo・auがマーケットを用意するというのは、単に現在の携帯電話向けアプリ市場と同じような囲い込みを狙ってのことだけではなく、こうしたCP企業の心情を上手く汲み取り「素人お断りの会員制クラブ」を立ち上げてやろうという狙いがあるのかもしれない。だとしたら、善し悪しはさておき、上手いこと考えたものである。


その2:スマートフォン用サイト
以前、誰だったか「カニバる」という言い回しをする人がいた。「競合する・食い合う」という意味で、たぶん「カニバリズム」から来てるのだろう。その人独自の言い回しなのか、どこかで一般的な言い回しなのかは知らない。
でまあ、何の話かと言うと「スマートフォン用サイト」について。SBの端末については幅がだいたい240弱PXくらいで作っておけば、幅が480のディスプレイでもボチボチ上手いこと表示してくれる。スマートフォンも案外ディスプレイサイズは違うのだけれど、おそらく普通の携帯みたいによろしくやってくれはしないだろう。
それはさておき。
例えばの話。スマートフォンはPCサイトをそのまま閲覧出来るとはいえ、縦だけでなく横にもはみ出す事が殆どで、PCでPC向けサイトを見たり、携帯で携帯向けサイトを見るのに比べるとどうしても閲覧しやすさで劣る。今はまだ気にしないで済む程度かもしれないが、広告収入をえて居るサイトの場合、右サイドの広告類やらメニューといった掲載内容が、メイン記事見ている際にバッサリと立ち落とされることにもなる。
となると普及具合によるが、どこかの段階で「スマートフォン用サイトを作ろう」という動きが出てくる。
PCとモバイル。同じサイトで二つのバージョンがある場合、切り分けとしては
・別URLでそれぞれを運用
・同じURLで、閲覧者のUAを見て振り分け
の2種類がある。同じURLでなくても、従来のモバイルブラウザならPCサイトにアクセスするとすぐそれと判る場合がほとんどなので、大きな問題はなかった。

一方でPC版とスマートフォン版を用意した場合、スマートフォンユーザーがPC版にアクセスしても普通に閲覧できてしまうので、スマートフォン版があるということに気づきにくい。特に、すでにそれなりの期間にわたってPC版を運営してきたところならそうだ。
ということで、スマートフォン版を用意するなら同一のURLで振り分けるのが望ましい。
ブログサービスなどでは同じリソースに対してPCかモバイルかで適用するCSSを変更したりして同じURLで異なるデバイスに対応しているケースは多い。一方で、ブログ以外のサイトでは別個の運用をしている所も多いのではないだろうか。
そこへスマートフォン版を立ち上げるとなった場合、なまじスマートフォンでは通常のPCサイトも見られるだけに、別個の運用なんてのは馬鹿臭いし無駄なコストがかかるだけである。
というわけで、「既存のPCサイトがうまいことスマートフォン向けに変換されるようにする」という仕事が受託業務の制作会社に発生するだろう。
それを「PCサイトをスマートフォン向けに」なので受注するのは「PCサイトの制作を主とする」制作会社が多いだろう。元々そのサイトを作った会社が、というのが自然だろうか。

「モバイルサイトをスマートフォン向けに」というのはどうなんだろうなあ。需要あるんだろうか。あったとしても、単にスマートフォンのアクセスを弾かない、というだけで済むサイトも多いだろう。有料課金のコンテンツ販売の場合はコンテンツ自体もスマートフォン向けに作り替える必要があるから、もう全然別の話になってくる。

しかし、こうなるとモバイルサイトやモバイルコンテンツの構築、運用を主としている会社は面白くないだろう。同じ「携帯」なのにPCサイト制作が主な会社にばかりそうした需要が流れてしまうというのは。指くわえて見ているわけにもいかないだろう。なんとか入り込めるように努力するはずだ。

というわけで、スマートフォンが普及するとサイト制作や運用において(厳密にではないが)「PC向け/モバイル向け」で棲み分けていた事業内容がカニバってしまう。現状ではモバイルサイト制作側がやや分が悪い用にも思うが、どうなるか知れたものではない。そもそも、両方を両輪として行っている会社や部署なら特に問題はないだろう。いずれにせよ、商機が拡がるというのは喜ばしい。


というわけでつらつらと書いてみたのだが、やっぱりスマートフォンはPC、モバイルに続く第3局となっていくと面白いなあ。
スポンサーサイト
「よもやま」という語感が好きだ。「もょもと」に似てる。いや、逆か。
さて、電子書籍の話題をよく見かけるのでとりとめのない話でも。ただの雑談です。

個人的に今の電子書籍にはあまり期待していない。ケータイで読める書籍と似たりよったりなラインアップばかりだと買う気にはなれない。最低でも「早川書店」「東京創元社」が電子書籍版の発行を始めるまでは。ということは、紙の書籍が滅びかけるその時まで電子書籍端末を買う可能性はあまりない、ということだ。できればその時には「ちくま文庫」「岩波文庫」「講談社学術文庫」も移行していて欲しい。

Amazoneなんかは個人出版、というか個人のAmazoneでのKindle向け委託販売に力を入れたいらしい。これはなかなか可能性がありそうだけれど、そんなこんなで出版社を通しての出版が相対的に減り(出版社が死ぬとまでは思えないけれど)、電子書籍市場での作者による委託販売が主流になると、ちょっと個人的に懸念される点がある。

というのは、私は翻訳小説をよく買うのだけれど、いまでさえ数が少ないのに、さらに少なくなるんじゃないだろうか。特に非英語での書籍は。ひょっとしたら違うのかもしれないけれど、ああいうのは原語の出版社と翻訳先の出版社とで契約をかわして翻訳し、出版してるんじゃないかという気がする。そうなると、日本の翻訳者が個人で元本の版元と契約して翻訳して…ってのはハードルが上がるんじゃなかろうか。

あとまあ、クトゥルー神話系の翻訳アンソロジーなんかも好きなんだけれど、ああいうのはどうなるんだろう。いや、すでにたくさん訳出されているのだけれど、新しい作品や気の利いた新しいアンソロジーなんかは。大瀧大先生が私家版として出すとか? ないか。

他にも、再ダウンロードの有効期間があったりするとちょいと難だなあ。そういう制限がなくっても、配信元が事業やめちゃったらアウトだろうし。PCにバックアップを取れるんならまだマシか。

最後の点はともかく、他の点を気にしている人間は国内でも僅かだろうなあ。ああでも、アメコミが買いやすくなりそうってのはいいな。

電子書籍がらみだと、フォーマットの話を聞いた。正しさについて裏を取ってないのだけれど、ケータイはそうだがPSP goやらその他新興の電子書籍リーダーも、ファイルのフォーマットがいちいち違うらしい。同じでもDRMのかけ方が違ったりで、複数のデバイスで出そうとするとちまちま対応作業が必要で地味に面倒らしい。読者にとってはどうでもいいのだけれど、当事者のことを思うと早く統一規格ができて欲しいものだ。まあ一社独占じゃ無理だろうから、大多数の主要プレイヤーが合同で綱引きもせずに策定してくれないと実現しないだろう。今後もデバイスが増えてそのたびにフォーマットやらが増えていったら、ちょっと可哀相だな。

さて、話がやや変わって。仮に近々「早川書店」「東京創元社」の電子書籍事業参入など諸々の懸念点が解決して、まとまった金が手に入ったら、というif的状況で物欲リストを上げてみる。

・Xperia
・Inspiron mini 10
・Kindle
・iPadかAndoroid OS搭載の似たようなの

リストの一番上を見て「おや?」と思った人は、よくそんなことを覚えていると思う。というのも前にもなんか以下書いたが私は熱烈なwillcomファンなので。今ごろはHYBRID W-ZERO3で幸せに…。と思いたかったのだけれど、相変わらずの出来栄えらしいので無理。そもそもOSが…。法的整理でXGPはソフトバンクに持っていかれるらしいし。正直、もう愛しきれなくなってきた。

それはさておき。
さて、上記リストのデバイスはそれぞれ持ち歩きが可能である。そのうちKindleはAmazoneが通信費を肩代わりしているのでいいとして、他の4つは外でネットに繋ぐには個別に回線を持たないといけない。いや、Xperiaはケータイだから他の3つか。

ともあれ、都合3回線も契約が必要。家のも合わせると5回線か。通信費はいくらだろう。どこと契約するかにもよるが、考えたくない。ああ、イーモバイルのPocket WiFiという手があるか。「遅い」「エリアが…」って話だけど本当はどうなんだろうか。あ、SIMロックフリーのがあるのか。ほほう。

ではSIMロックフリーのPocket WiFiを導入するとして2回線。Xperiaはwillcomの回線t置換えなわけだし、それならまあ、なんとか。
いや、考えてみればリストの2番目と4番目は役割が大きくかぶっている。2番目は持ち出し用で4番目は家用で…。いや、その使い分けの意味がわからない。2で4の代わりはできるが、4で2の代わりはできない。ということは、iPad的なものは諦めるか。据え置きゲーマーとしてはiPhoneアプリのゲームとかそんなやる気ないし。その他のiPhoneアプリやら、今後出るだろうiPadアプリもなくたって、どうにかなるだろ。

Kindleはどうか。if的世界なので魅力的ではあるが、文庫に比べるとやはりデカい。通勤電車で読める機会が制限されるんじゃなかろうか。防水ってわけでもないだろうしなあ。紙の本が滅びてなければ「Kindleでたいてい買えるから」って本屋に行かなくなるはずはないし、行って欲しい本があったらKindle取り出すのももどかしく、その場で買っちゃうんだろうな。
そもそも自分にとってKindleの魅力ってなんだろうか。「紙の本より安い」「ガジェット欲が刺激される」。安いのは魅力だ。けれど、うーん。どうだろうか。今回は保留ということで。

となると最終的なリストは

・Xperia
・Inspiron mini 10

なんだか最近の話題とはあまり縁もゆかりもないものになってしまった。っていうか、最近のデジタルガジェットはみんなちょっとずつキャラかぶりすぎだろ。悩ましいにもほどがある。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
とか書くにはいささか遅いけれど。
2010年1回目は特になにを書くともなくつらつらと。
なんて言うの? おとそ気分?

昨年は「2009年を早くも投げ遣る。」という記事を書いて華々しくスタートした感があるのだけれど、今年はどうだろうか。あ、わざわざ読まなくても平気です。現状の非常に大まかな認識としては1年経ってもそうそうたいして変わってないのだけれど。

個人的にはもう30歳にもなることだし、もう一度就職というか就活してみようかなあ、どうしようかなあ、などと薄ぼんやり思ってみたり。いや、そんな頭頂部に花が咲き乱れたような意識では怒られそうだけれど。っていうかあれだ。「もう一度就活」なんて書き方をすると「実は無職でした!」みたいだ。

今年の流行はなんだろう。「クラウド」はシステム屋さんとかの比重が大きいイメージだからあれだけど、web制作だと「スマートフォン」「位置情報」「電子書籍」なのかな。よく知らんが。にしてもwebの流行りってのもファッションと同じでどっかが決めてんのかね? とはいえ、こうやって書いてみるとどれもPCのwebではないな。HTML5とかCSS3とかも制作手段だし。というか、そういう区分け自体がもうあれか。時代について行けてない感が満載か。

スマートフォンで思い出したんだけど、Android搭載端末の話って何かモヤモヤすると思っていたんだけれど「※ただしアメリカに限る」っていうフレーズが無意識に思い浮かんでいたせいだった。先々どうなるかは不明だけど、今のところはちっとも身近な話じゃないんだよね。ま、海外で色々と出て、こなれたころに日本でもあれこれ出るようになるのがユーザーとしては幸せなんだろうな。

このまま今回は最後まで雑談です。

たまにブログやなんかで「面白いことがしたいorしましょう」というフレーズを目にするんだけれど、昨年の後半くらいから「あれってなんなんだろう」という思いが晴れない。いやまあ願いというか決意というかそういうものなんだろうし、「面白い」「面白くない」の2択ならそりゃ面白いにこしたことはないんだけど、どうもしっくりこない。「漠然と願ってんじゃねーよ」「わざわざ言うなよ」「それができれば世話ねーよ」とか、そういうふうに思っているわけでは全然ない。のだけれども、じゃあなんなんだろう。判ったからってどうなるものでもないのだけれど。

そうそう、新しいことをやろうと思って唐突だけれどTwitterは俳句アカウントにした。飽きるまで。理由はないけれど、句作は親しい人含めて(たぶん)誰も知らない私的な趣味だったというのはある。まず滅多に詠まなかったけど。

最後に、去年ブログやってて嬉しかったことでも振り返って終わろうかな。

えっと、FeedBurnerでの購読者数がコンスタントに800を超えるようになりました。
きっと凄い数字じゃないのだろうけれど、webディレクションというマイナーな分野でweb上での知り合いも知られた実績もなく、「人気ブログになる方法」みたいなセオリーもガン無視しているので、こんな数字になるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。って、私のために購読してくれているわけではないのでお礼を言うのも逆に変なんですかね。でもまあ嬉しいしありがたいと勝手に思っています。

というわけで、今年もゆらゆら書いていきますのでご笑覧ください。
業務上の遣り取りをTwitterでやってみている、という一部先鋭的な人の話をブログで見た気がする。あれは夢だったのか…。じゃなくて。そりゃヘタに流行ったら困るよ、というお話。

PCの前で仕事をしているみなさんにおかれましては、基本的に業務中メーラーは起動しっぱなしだと思う。新着があればなんらかの通知がされるかどうかは設定しだいだけど、業務上の遣り取りはせいぜいメーラーと電話に気を配っていればいい。あとまあ、人によってはIMか。

で、仕事の遣り取りをTwittrerのDMでやる人が増えてくると、サイトじゃおっつかないのでTwitterクライアントを何がしか常時起動する必要がある。そのクライアントがDMを受信するとポップアップなりで通知してくれるならいいが、してくれない場合はいつDMが来るか知れたものではない。ときどき呼び出して確認が必要になる。面倒くさい話だ。

DMが来ると登録したメルアドに通知メールが来るのだけれど(これって設定しだいだっけ?)、これだと「DM通知メール受信→TWitterで内容確認→返事をDMで」ってじゃあメールで最初っから連絡くれよ、となる。

あと複数の案件が同時進行している場合のメッセージの管理機能も(現時点では)メールに比べて貧弱だ。いや、Twitterクライアントの中にはそういうのを上手くこなすのもあるのかもしれないけど。
あと添付の遣り取りなんかも相手のクライアントソフトに関わらずドラッグアンドドロップで上手いことやってくれるクライアントってあるんだっけ?

あと、ダイレクトメッセージは文字数制限がある。その文字数以内に「一連の遣り取りが全て」収まるならいいけど、そうでない場合は途中でまどろっこしくなって遣り取りの途中でメールにシフトすることになる。だいたい、文字数制限の範囲内に収まるように文章を工夫する時間と労力がもったいない。

というわけで、Twitterで仕事の遣り取りをするというのは、一部のユーザが実験的に試みる、という程度で留まっていていただきたいし、個人的にはあんまりそれを喧伝したりはしないで欲しいところ。許容できるケースとしてはまあ、Becky!なんかのメーラーの右側にTwitterクライアントがくっついて、DMはメーラー内で通常のメールと同じく扱われる、とかになれば。

Google Waveについても、役に立とうが立つまいが自分としては本当にもう素晴らしいと思っているのだけれど、あんまり仕事の遣り取りやブレストなどで使う人が増えないといいがなあ、と思う。

複数人でのミーティングを置き換えるというならいいのだろうけど、それ以外の用途でも使う場合、あれのメリットはリアルタイム性なのだろうから、複数の担当者が同時にPCの前で拘束されることになる。途中で抜けたり別のメールに対応したり、ちょいと他の作業をしたり、ということがしにくい。ヘタに複数の相手と別案件に関する遣り取りがGoogle Wave上でバッティングすると、さながら将棋の多面指しみたいになって非常に不利だ。というわけで、最初に取り組んでいる相手以外からGoogle Wave上でなにか話がしたいと言われても断るか後にしてもらうしかない。

というわけで、最悪に面倒なケースは仕事上の遣り取りのツールとして「電話、メール、IM、Twitter、Google Wave」が並存してしまう状態。もう、むちゅくちゅしいことこのうえない。どれで誰となにをしろと。
目的に応じて使い分けるにしても、どういう用途でどれ、という認識が人によってバラつきそうだし、そもそもそんなに目的に応じて使える選択肢が細かく分けられなくとも結構じゃないか。

あとまあ、個人的にはせっかくメールの登場で仕事上の遣り取りが「リアルタイム一択(書簡は除くとして)」というくびきから開放されたのに、なんでまたリアルタイムコミュニケーションの比重を増やさないといかんのか、という気持ちもある。実を言うと仕事の遣り取りだけに限らないのだが。

【追記】MarkupDancingでも同じようなこと(と、自分としては言いたい)が書かれていた。
Google Waveがダメな理由、それでも使うようになる理由
ちなみに、MarkupDancingを書いている人のことはまったく知らないけれども、個人的に「もっともカッコイイ憧れの人-ブログ読んでて思う」部門の1位だ。
さて、PSPでコミックが読めるようになるそうで、平均価格帯420円って普通の本と一緒じゃないの? という感じだけれど、ケータイコミックもだいたい1冊分は書籍1冊より値段が高いわけで。だから、というわけで知らない人もいるかもということで電子コミックのお金の流れを簡単に書いてみる。パーセンテージなんかはまちまちなので省くよ。

スタート:ユーザがお金払って購読
 ↓
回収1:配信元がいくらか取る。モバイルブック・ジェーピーとか、NTTソルマーレとか。PSPならSCEか。
 ↓
回収2:出版社がいくらか取る。編集部とケータイコミックの部署が別になら両者で分け合う。
 ↓
回収3:著者
 ↓
回収4:さらに原作小説やドラマ、映画、ゲームなど他に原作ある場合は、原作者なり制作委員会なり版権元なりにも分配

このうち3と4は順不同ってことで。

例えば「ベヨネッタ」のコミックがあったとして、たいてい電子コミックはケータイだと1冊を話ごとに切って売るのだけれど、1ファイルがだいたい数十円。この数十円を“最低でも”「配信元、出版社、作者、SEGA、プラチナゲームス」で分け合う。仮に1ファイル50円だと均等割り(んなわけないが)すると各所10円になる。えーと、ケータイの公式サイトだとキャリアに上納金があるんだっけ? そうだったらその分も1ファイルあたりだと1円切るかもだが配信元に乗ってくる。

というわけで、1ファイルあたりの利益を考えると現状の値付けでも「売っても売っても儲からない」という印象になる。10円とかそれ以下をちまちま積んでいってようやく手間に見合った収入になるのだが、BLとエロメイン以外はよほどのタイトルでないとなかなか売れないので、複数のサイト・プラットフォームでの配信をして束ねてもたいした額にならなかったり。

上記の例だと均等割りしてさえ月間1万DLで10万円とかの売上げというテンション上がらない結果に。「何もしないでも10万円」ならいいように思うかもしれないが、「月間10万円」とは限らない。月単位だと「数千円~数円」とかね。で、人が大勢来て儲かってるサイトほど配信タイトル数が膨大なのですぐ埋もれる。月ゼロDLという作品やファイルがゴロゴロしていたり。App Storeと同様ですね。なので回収1、2のポジションの人々は「売れなかった作品の損失」を売れた作品で補填できるようにもしておかないといけない。

さらにどこかがファイル制作費を負担しているはずで、ケータイコミックを一度でも読んだことある人なら分かるように、あれは小さなデバイスで読めるようページを分割して動きとか演出しているので多少お金が掛かっている。1冊分で数万円から十数万円とか。

回収1を抜かすべく出版社が自前で独占的にやると「集客」とか「サイト運営」のコストが乗ってくる。それで浮く額が1ファイルあたり数円~数十円。おまけに回収1の人々と「電子コミック読者」のパイを奪い合う。

とまあ、今の価格設定でさえあまりテンション上がるようなビジネスではない。いくら物流費とか製造費とか保管費とかがなくなり、人件費とかを考慮しない状態でも。

むしろ真面目に取り組んで刊行点数を増やした方が損しそうだ。少数のエロメインとかBLで原作ないヤツだけをやったほうが利益率はいいかも。その場合、刊行点数が少ないので埋もれやすいけど、損失が少ない。稿料も総じて安いだろうし。

っちゅーわけで。「紙のコミックを電子コミック化する」というは現時点でさえだいたいの関係各所があまり笑顔になれなそうなビジネスなので、しばらくは値下げなんかないんだろうなあ。たぶん全体で実際の書籍出版事業と同等か、それに近いくらいの収益がちゃんと上げられるくらいになるまでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。